野生動物を密輸未遂
イグアナなど合計46匹

関税支局がスワンナプーム国際空港で2月17日、野生動物の密輸を図ろうとしたモンゴル人を摘発した。


同局はタイ国立公園・野生動物・植物保全局(DNP)と協力し、スーツケースに収納されていたコモドドラゴンの幼体2匹とインドホシガメ6匹のほか、イグアナ8匹などワシントン条約の規制対象動物および数十匹の熱帯魚合計46匹を保護している。モンゴル人は出国後の目的地が、モンゴルの首都ウランバートル都だった。

(2月19日=タイPBS)

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る