酒店店主が暴漢に襲われる
喫煙注意に激怒

チョンブリー県シラチャー市で4月1日、男(41歳)が酒店の店主を鉈で切りつけて店主の腕を切断する事件が発生した。男は犯行後に逃走。

防犯カメラの映像によると男はバイクで店の前に乗り付け、突然店主の腕を切りつけている。そばにいた店主の妻は切り落とされた腕を持って店主とともに病院へ行き、手術の末に腕の接合に成功。犯人の男は4月2日に同県内の住宅で逮捕されている。

取り調べによると男は3月31日に同店近くで車の衝突事故を起こし、保険会社を待っている間に酒店の前で喫煙していたところに店主から喫煙を控えてほしいと厳しく警告されたことを根に持っていたという。(4月3日=CH7)

 
 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る