プーケット空港で作動油漏れ
滑走路の清掃で15便が遅延

プーケット国際空港の滑走路で4月23日午前10時半、航空機から作動油が漏れ出しているのが確認された。その影響で航空機の移動、および清掃のために滑走路が緊急閉鎖されている。

同空港によると某航空会社の航空機にある油圧装置が故障して作動油が滑走路上に漏れたが、空港スタッフが急遽清掃して1時間ほどで滑走路を再開させたという。このトラブルで発着便合計15便が遅延する事態となった。(4月23日=マティション)

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る