猛暑で国鉄のレールが歪む

全国で続いている猛暑によりタイ国鉄(SRT)の線路が歪み、それを修復する画像がSNSなどで拡散され話題となっている。

SRTによると4月30日に南部ナコーンシータマラート県ロンピブン駅とカオチュブトン駅の間にある線路に歪みが発生し、土木工事部門が冷水や氷でレールの温度を下げて修復に取り組んだという。約1時間後に運行が再開された。

SRTはこのところの猛暑を考慮して職員が定期的に線路を検査しているという。鉄道の利用者も線路や鉄道設備に問題を見つけた場合は、SRTの緊急番号1690などで報告してほしいとのこと。 (5月1日=タイPBS)
 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る