保健省とバンコク都がスクンビット63の娯楽施設を視察

6月1日からバンコク都をはじめとした31都県で娯楽施設の営業が再開。営業時間は深夜12時まで。従業員らには新型コロナワクチンの接種完了とマスク着用が義務付けられている。そのような状況を受け、保健省とバンコク都の職員が、スクンビット63(エカマイ)地区の複数の娯楽施設の新型コロナウイルス対策を目的に視察した。


バンコク都など31都県では約3000店の施設が対策基準をクリアしている。今後、新型コロナウイルス状況管理センター(CCSA)は定期的に娯楽施設の視察を実施し、感染予防対策に違反しているような施設は一時的に閉店を命じることになるという。
(6月2日=タイ国ニュース局 NNT)
https://thainews.prd.go.th/th/news/detail/TCATG220602143955622
 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る