ロックダウン解除の可否 4グループに仕分け

新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィーシン報道官は27日、非常事態宣言が1カ月延長されたことに伴い、ロックダウン解除について発表した。
 
ロックダウン解除は以下の4グループ(4色)の白、緑、黄の順で行われ、赤は解除することが難しい。
 
白:日常生活に必要がある業種で戸外にある小規模な店舗や公園など。
緑:エアコンのあるなしに関わらず小規模な店舗や屋外ジムなど。
黄:大勢の人が訪れるエアコンを完備した店舗など。
赤:ボクシング場やクラブなどの大勢の人が集まる感染リスクが高い場所。
 
プラユット首相によると、ロックダウン解除できる店舗は地域別ではなく、仕分けした店舗のグループ別に全国一斉にロックダウン解除したいという。
 
なお、ロックダウン解除の期日を決めるが、本格的な解除は時期尚早であるため、少しの期間、ロックダウン解除をしてみて状況を評価する。状況が好転しなければ、再度ロックダウンをする。ワクチンや薬ができるまでは通常の生活をできないが、状況を鑑みながら感染防止対策に従って調整していくという。
(ターン・セータギット)
 
www.thansettakij.com

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る