イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」


4月27・28日の2日間に渡りステージに登場し、最も会場を盛り上げた青木隆治さん。
昨年デビュー20周年を迎え、エンターテイナーとして新たな一歩を踏み出した現在の心境とは。
週刊ワイズの独占インタビューでお届けします♪

イベント出演、お疲れ様でした!

こんな暑さの中、たくさんの方に来て頂けて本当に嬉しかったです! ステージから見た感じでは、9割は日本人の方だったと思います。僕のことを知っててくださる方もいたので、ノリが良くて、僕自身ライブを楽しめました。
今回のイベントに向けて、タイの方も知っていそうなアーティストの曲をメドレーにして準備してきました。普段のステージでも、親子3代で見に来てもらえるような構成を意識しているんですよ。おじいちゃん・おばあちゃんには美空ひばりさん、ご両親世代にはサザン、お子さんにはラルクとかね。あらゆる世代に親しまれる曲を歌わせてもらっています。
ライブ最後の1曲は僕のオリジナル曲「ねがい詩」でしたが、日本語で歌ってもつまんないと思って。タイ語に翻訳して歌いました。でも、今回は日本人の観客が多かったので、日本語で歌ったほうが良かったかなって(笑)。

タイの印象はいかがですか?

タイに来たのは、今年1月の「JAPAN EXPO」ぶりで、3カ月で2回も来られたことにご縁を感じています。これからも3カ月に1度のペースで呼んでほしいですね(笑)!
一番実感しているのは、タイ人の温かさが世界トップクラスだってこと。言葉は通じないけど大らかで、日本を好きでいてくれている人が多い印象です。一緒にステージを作っていく中で多少のトラブルがあっても、タイ人スタッフがピリピリしてる感じを出さずに接してくれるので、やりやすいんですよ。
僕は海町育ちなんで、暖かい気候が合ってるんでしょうね。あと、やっぱりタイ料理。どちらかと言えば、有名店よりも地元の人が集う屋台みたいなお店が好きなんです。前回来た時もカオマンガイ、トムヤムクン、蟹カレーなどひと通り頂きましたけど、どれも本当に旨くて!「すべてがハマる国だな」って感じました。

海外のライブで意識していることは?

当たり前ですけど、海外の方は僕のことを知らないので「お前は何者だ?」っていうところから始まるんです。だから、いろんな声を使い分けて歌うことで、観客をビックリさせたいし印象を残したい。僕はステージと客席の距離感がすごく大事だと思っているので、ただ歌っているだけじゃなく、いかに距離感を埋められるかを常に意識しています。
海外では、現地の言葉や人気の歌も組み込むようにしています。本当は「桜まつり」でもタイのタレントさんの歌まねをできたら良かったんですけど、間に合わなくて(笑)。次回までにマスターしてきますね!

海外での活動を増やすと伺いました

そうですね、日本だけではなくて、新しいことにどんどん挑戦していきたい気持ちが強くて。
おかげ様で、去年デビュー20周年を迎えることができました。そのとき、「僕が20年間で成し遂げてきたものってなんだろう、やり残したことがあるんじゃないかな」ってふっと頭を過ったんです。それで、一度“僕の中の原点”に帰ってみようって。
僕の原点はやっぱり歌なんですよ。それで、どうせ歌うならアメリカ行っちゃえって。ちょうど運が味方してくれて、念願の「アポロ・シアター」のステージに立つことができました。
帰国後に自分の気持ちを周囲に相談して。そこから海外のお話を頂けるようになりました。

活動拠点を海外に移す可能性も?

日本でこれまでやってきたことを、捨てちゃいけないと思ってるんです。「歌まね」っていう文化を伝えていく使命感のようなものもあるし、みなさんに応援して頂いた恩も返したい。とくに美空ひばりさんの歌は、絶対に後世に歌い継いでいきたいと思っています。でも、それはそれとして、海外でも活躍したいという想いはあります。たとえば、名前を変えて、オリジナル曲を歌うシンガーとして活動してもいいのかなんて。
やっぱり「アポロ・シアター」の舞台に立てたことは、一番の転機になりましたね。グシャッと鼻をへし折られましたよ(笑)。日本とのギャップ、エンターテインメント性、完成度の高さ、すべてが異次元。だから、まずはアジアを中心に世界に向けて活動の幅を広げていく予定です。もちろん、タイも視野に入ってます。

表現者として、いろんな顔があっていい

青木さんにとって、表現者であることとは?

僕は歌まねでデビューしましたが、自分で詩を書いてオリジナル曲も歌います。歌手でも役者でも歌まねタレントでも、いろんな顔を持ってていいと思うんです。むしろ、一つに執着せずに活動することで、エンターテイナーとしてどんどん大きくなっていけるなと。それこそコンビニみたいに、見てる方たちに好きなものを手にとって楽しんでもらえる存在になりたいです。

音楽ジャンルへのこだわりは?

とくにこだわりを持たず、演歌からロックまで良い曲は良いと思って聞いたり歌ったりしています。ご存じの方もいるかもしれませんが、僕の父親もものまねをやっているんです。(※父はツートン青木)。だから家にはものすごい量のカセットがあって、子どもの頃からそれを勝手に引っ張りだして聞いていました。当たり前のように音楽が身近にあり、いろんな曲がポンポンと入ってくる環境というか。僕のルーツはやっぱりそこなんですよ。オヤジの子どもじゃなければ、僕は歌手を目指さなかったでしょうね。

1曲のなかで歌声が混ざることはないのですか?

もちろんありますよ! オリジナル曲では自分の素の声で歌うわけですけども、こうやって歌ったほうが気持ちいいな、こういう聞かせ方をしたらハマるなっていうのを知っちゃってるんで。そうすると、高い声を出すとひばりさんが、低音ならラルクのハイドさんが入ったり(笑)。Aメロとサビで違う人の声で仕上がることがあります。
最初はすごく悩みましたけど、そんな歌い方も自分の武器として成立するじゃないかなって最近やっと思えるようになりました。いろんな声で歌って、「誰が歌ってるのかな」ってなって想像してもらえたらおもしろいなと。

読者の皆さんにメッセージをお願いします

「桜まつり」の2日間も、たくさんの方にステージを見に来て頂き、本当に感謝しています。今後は、3ヶ月ごろにタイに来ようかなと思ってるんで(笑)。みなさんに飽きられないように新しいものを作りながら、頑張って行きたいと思います。どうぞ応援をよろしくお願いします。次回はタイ人のモノマネも披露できるかも!

「桜まつり」ではヒット曲のものまねメドレーの他、自身のオリジナル曲「ねがい詩」を流暢なタイ語で熱唱。その歌声に誰もが耳を傾け、一緒に口ずさむ人々の姿も

青木隆治(あおきりゅうじ)

1981年、神奈川県生まれ。「七色の声を持つ奇跡ものまねアーティスト」と賞され、俳優やタレント、シンガーソングライターとして活躍。近年はタイやマレーシアなど海外のステージも精力的にこなす。

misonoインタビューはコチラ

おすすめ記事

  1. タイ料理特集2019 - バンコクの名店13軒をご紹介 タイ料理特集2019 – バンコクの名店13軒をご紹介
  2. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  3. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  5. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイ料理特集2019 - バンコクの名店13軒をご紹介
  2. ブリーラム県に住む女子高生のフォンさんに悲劇が起きた。8月24日、母親がランチのために近所の料理店で購入した10バーツのソムタムを食べたところ、25日の午前4時頃、激しい下痢の症状に襲われた。薬を飲んで一時的に回復したものの、同日12時ごろに再発。その後、ショック状態となり心肺が停止し、病院に運ばれたが、ついに目を覚ますことはなかった。  母親は記者に対し、「その日、娘が食べたのはそのソムタムだけ。原因は生の『プラーラー』のせいだと思う」と涙ながらに訴えている。プラーラーは魚を塩漬けにし、発酵させた調味料で、主に東北部イサーン地域で使われている。記者が問題の店を調査したところ、プラーラーの中にウジ虫が入っていたという。店主のサムルアイさんは「毎日、市場で生のプラーラーを仕入れている。イサーン人にとってウジ虫がいるのは美味しい証拠。危なくない」と話す。  同県保健所の検死では、腸の激しい炎症による敗血症と脱水症状であると判明。フォンさんは過去に腸の病気での治療歴があり、ソムタムの検査結果がまだ出ていないことから、同保健所はソムタムを原因と判断するのは時期尚早と説明する。  一方、食品の基準法令では、虫などの異物混入は禁止されている。「ウジ虫がいるのは美味しい証拠」という店長の主張は、現代の衛生管理基準においては改める必要がありそうだ。
  3. 空港というのは“いい気”に満ちているという。その理由は人が移動する所には活発な気運が集まるということらしく、それが空港であればなおさらだと思う。これから空を飛んで海外へ移動する人々が集まるわけだから、当然なのかもしれない。  さて、今ちょうど成田空港の出発ロビーで原稿を書いているのだが、数年前に比べて外国人の数は格段に増えているように感じる。空港内のインフラもどんどん更新されていて、Wi-Fiが簡単に繋がるようになったのはもちろん、スーベニアショップやレストランの充実ぶりにも目を見張るものがある。これはもちろん東京オリンピックを見据えてのことだと思うが、日本だってやればできるのである。保安設備もさらにアップデートされるそうだが、素晴らしく進歩を遂げたのがトイレのユニバーサルデザイン化だ。まだ完成途中だがその片鱗はすでに垣間見ることができ、変な話だがとても過ごしやすい空間となりそうな予感がする。  東京オリンピックが、いろいろな形でいろいろな場所を進化させていく。あの震災をきっかけにしてなんとなく暗かった成田が、もっと“いい気”に満ちてきそうなのは嬉しいものだ。
  4. 日本ではあまり馴染みがありませんが、毎年旧暦の8月15日は「中秋節」と呼ばれる中国の伝統的な祝日です。「春節」などと並ぶ四大祭として知られ、タイでも中国系の人々を中心に、華やかなお祝いムードに包まれます。  今年は9月13日にあたる当日は家族団らんで食卓を囲み、美しい月を愛でるのが一般的です。また、満月に見立てた大きな「月餅」を家族で分け合って食べると、絆が一層強くなると信じられているのだとか。今年は中華街などに足を運び、お祭り気分を味わってみてはいかが?
  5. ころんと愛らしい俵型がお気に入り。箸を入れると衣の美味しい音が響いて、とろ〜りとクリームが溢れ出すんです! これぞ料理人の匠の技。いやぁ、いい仕事してますね!
  6. カオサン通りの近くにある「パートンゴー」は、タイ語で「揚げパン」を意味する店名の通り、タイ風揚げパンの専門店です。2018年のミシュランガイドに掲載された実力派として名を馳せています。同店では、パンを揚げた後、さらに焼くことで余分な油を落とし、クリスピーな食感に仕上げています。中でもオススメしたいメニューが「パートンゴー・アイス」。チョコやバニラなど自家製アイスの甘さと、揚げパンのサクサク食感が相性抜群です。一度お試しを!

今月人気の記事

  1. 多数のメディアに紹介され、タイの王族も来店したことがあるという中華料理店「ペ・フーチャラーム」。特にオススメなのが、魚の浮袋入りスープ「クラポプラー・ナムデーン」です。甘じょっぱく、とろみがかかったあんかけスープに、プルプル食感の浮袋、シイタケ、カニの身がたっぷりと入った一杯は絶品です。リーズナブルな価格もさることながら、昼から深夜1時まで営業しているのも嬉しいポイント。ぜひ一度、足を運んでみて!
  2.  事件が起きたのは6月22日の夜。バンコク郊外で帰宅途中の女性が突然、38口径の拳銃で胸を撃たれた。幸い女性は一命を取り留めたが、約1カ月半後、さらなる悲劇が襲う。殺害依頼の容疑で逮捕されたのはなんと、最愛の一人娘だったのだ。 「母の日」目前の8月9日、警察は実行犯の男2人と殺害を依頼した女1人を逮捕したと発表。女の名は被害者の実の娘ターイ(25)。事件当時は祖母を含む3人暮らしだった。  調べに対し娘は、「母の遺産で恋人を釈放させたかった」と動機を供述。事実、被害者は総額30万バーツの保険金と先祖代々の土地約8万㎡を有し、それらを相続できるのは娘のターイ容疑者ただ一人だった。また、交際相手のキッティポン(30)は現在、麻薬売買の罪で服役中。同容疑者と共謀して友人2人に殺害を依頼したと見られている。  世間は当初、このような愚行にさぞや驚いているだろうと哀れんだが、母親は自らが娘に殺害されることを予期していたという。自宅の水筒内でアリが大量死しているなど、2度も不可解な事件に遭遇していたためだ。しかし平静を装い、娘の動向を見守っていたのだという。  母のウアムドゥアンさんは「今はまだ娘に会いたくない。今後のことは法の裁きに委ねる」としながらも、「こんなことをされても、自分の子どもを嫌いになる母親なんていない」と、娘への慈愛の想いを吐露した。  再び母の大きな愛に気付かされた娘は今後、どう償っていくのだろうか。
PAGE TOP