イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー



 
4月26〜28日に週刊ワイズ主催で開催された「イオン桜まつり」にゲスト出演したmisono。最終日のライブ直前にインタビューを敢行した。
 

タイは何回目ですか?

5回目になります。 昨年は9月、今年は1月と4月。こんなに頻繁に来られるとは思っていなかったです。改めて感じるのは、人との出会いや繋がりを大切にしてきて良かったということ。一度きりという付き合いも多々ある中で“おかわり”をして頂けるというのは、自信にもなりますし、誇りです。

今回のタイで感じたこと

タイでの情報発信にはFacebookが強いと改めて感じました。いまだにガラケーの電話を使っているアナログ派なので、旦那にアカウントを作ってもらいます。それからマッサージのレベルの高さと動物園の楽しさは個人的に世界1位。特に今回はマッサージに癒やされたのですが、「こんなに安くて、こんなに疲れが取れるの」と驚きます。アパートにもジムとプールが完備されているところも多いので、できることなら1カ月くらい、のんびり住んでみたいです。

昨年エイベックスを円満退社しました

17〜34歳まで、約16年所属していました。たくさんのスタッフがいる恵まれた環境にいて、間に入って調整してくれる人がいたり、現場でも自分の代わりに動いて下さる人がいたので、仕事がスムーズに進んでいたんだと改めて感じます。退職後は、マネージャーをつけずに、全部自分一人で管理するので、まずは仕事用のメールアカウントを作るところから始めました。共有できるスケジュール表もまったく使いこなせなくて、ミスをしてしまった日も。今は心と体と時間に余裕がありませんが、分岐点に立たされている感じです。

今後の活動は?

音楽活動とバラエティのみならず、女優業、声優、モノマネなど、ありがたいことに自分がやりたいことは全部やらせてもらえてやり切りました! おまけに諦めていた結婚までできて。これからは自分の夢ではなく、人の夢を叶えたいです。30歳までは「自分! 自分!」でしたが、「世の為、人の為になるならどんな仕事でもします」に変わりました。海外でのステージが次々と決まり、小学校や施設で子どもたちのために歌えたりするのは凄く嬉しいです。日々オフがないくらい仕事をもらえている状態で、感謝しています。将来自分が落ち着いてきたら、キャスティング会社や芸能事務所などもやってみたいと思っています。会社が大きくなれた際には、肩の力を抜き、本気で泣ける場所を提供していきたいです。「かんばれ!」って背中を押すのも大事ですが、時には「今日は一緒に泣こう」ってとことん落ちることも必要ですよね。仕事でもプライベートでもみんなで笑い合えたら最高です。misonoが動くだけでみんなの夢が叶う。そんな存在になれたらと思っています。

在タイ日本人へメッセージを

日本代表としてタイへ来ているので、少しでも皆さんの思い出や活力、日常のBGMになれていたら嬉しいです。そして皆さんのお力になれるよう、これからも活動していきたいです。

国籍問わず楽しめるよう、アニメ・ディズニーソング、洋楽のヒットパレード、ミュージカル「アニー」を披露。
音楽を通して心が1つになった会場

MISONO

1984年、京都府生まれ。女性歌手(元day after tomorrow)、タレントとして「ロンドンハーツ」「ヘキサゴン」などバラエティ番組でも活躍。2018年に入籍。チャリティーイベントやボランティア活動を中心に、海外でも活躍中。

関連記事

  1. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  2. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  5. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

  6. ソンクラン 旅行特集 第2週

  7. 【WiSE独占インタビュー】15年の絆、攻め続けるアイドル UPUPGIRLS (仮)

  8. ソンクラン 旅行特集 第1週

  9. 日本映画祭・上映作品『ちはやふる』小泉監督インタビュー

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP