タイの祝日 マカブチャーって?

タイの祝日 マカブチャーって?

2月19日(火)は「マカブチャー(万物節)」と呼ばれる祝日です。1851年、ラマ4世の時代から毎年太陰暦3月の満月の日に祝われ、説法を聞くために1250人の弟子が釈迦の元に偶然集まったという逸話に由来するのだとか。当日は寺院に参拝し、タンブン(徳)を積むのが一般的。また夕方には、お経を唱えながら本堂の周りを3周する「ウィアンティアン」も行います。周辺には屋台が並び、賑やかなお祭り気分を味わうことができますが、仏日のため禁酒日となるのでご注意を。

関連記事

  1. 「金融機関は 最大4連休まで?」

  2. 屋台の紙ナプキン なぜピンク色?

  3. 日本のアニメやマンガ いつからブーム?

  4. 今週のギモン「体操服を着て通学している学生がいるのはどうして?」

  5. 今週のギモン「ソムタム(パパイヤサラダ)の 語源ってなに?」

  6. 今週のギモン「僧侶に托鉢をするときは 決まった作法があるの?」

  7. 今週のギモン「なぜ、お寺の木の下には古い仏像が多いの?」

  8. 「女性像に捧げるのはなぜイチゴシロップ?」

  9. 「鮮やかなピンクの卵の正体は?」

おすすめ記事

  1. 腰痛
  2. ソンクラン 旅行特集 第1週
  3. ストレスと凝り
  4. スポーツ障害
  5. チャトチャックECへ

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP