為替リスク耐力

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

為替リスク耐力

伊奈さん

こんにちは、Insurance110の伊奈です。
今年は為替変動に翻弄された一年になりそうですね。

今年初め1ドル115円前後から始まった為替相場が10月に1ドル150円になり、約32年ぶりの円安水準となりました。

もし今年初めに一万ドル購入していたら35万円も為替差益がでたことになります。10か月そこそこで1.3倍にもなりました。しかし、もちろん逆も考えられます。11月30日現在では138円になっていますのでもし150円の時にドルを買っていたら12万円の為替差損が出てしまっています。

為替は景気の動向、金利、国際情勢、投資家心理などの様々な要因で動くので、プロでも難しいと言われています。

そんなことを言うと「変動が怖い」「日本円だけでいいや」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は安全に外貨を持つ方法もあります。

それは外貨も運用するということです。ただ持っているだけでは、為替の影響で資産を目減りさせてしまう可能性もあるでしょう。

しかし運用して増やすことで、どこまで円高になれば損が出るのかのラインが変わっていきます。

これを私は「為替リスク耐力」と呼んでいます。

もっと知りたい方は無料セミナーで!

伊奈さん ファイナンシャルプランナー
47歳 タイ在住11年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る