タイのクレジットカード

タイで暮らすなら、やっぱりバーツで決済できるクレジットカードが便利。キャッシュバックや割引など、メリットも盛りだくさんです。

タイのクレジットカード

タイで生活するならタイバーツで決済可能なクレジットカードを持とう

タイで働く日本人のほとんどがタイの銀行口座を持ち、タイバーツで給料を受け取っています。その収入から色々と利用をする際に、毎回現金を引き出しにATMへ行くのは何かと不便です。日本と違って、タイではATMの利用が24時間無料(例外除く)とはいえ、タイのクレジットカードを持ったほうが便利で特典なども受けられます。
日本のクレジットカードを使えば支払いは日本円となり、為替レートの変動や手数料ほもちろん、口座残高、利用明細の確認などが必要なので、タイで生活するにはタイのクレジットカードがオススメです。


クレジットカード取得の条件

タイ中央銀行で定められている、タイで発行されるクレジットカードを取得するための絶対条件は、タイ人でも外国人でも15,000バーツ以上の月収があることです。また、外国人は労働許可証(ワークパーミット)を取得していることなどが条件となります。

外国人がクレジットカードを取得するためには各銀行による条件が決められており、与信審査の結果によっては取得できない場合も。

下記に主要3銀行の条件を記載しましたが、それ以外の銀行の条件等に関しては直接銀行へお問い合わせください。


バンコック銀行の場合


必須条件

  • タイで設立されている会社で6ヶ月以上働いていること
  • 与信枠に応じた金額を保証金として預け入れた定期預金口座を開設(引き出し不可。クレジットカード解約時に引き出し可)

必要書類

  • パスポート
  • ワークパーミット(労働許可証)
  • 収入を証明する書類(給与明細または会社が発行した給与証明書)
  • バンコック銀行の普通預金通帳(直近6カ月分以上の取引明細が確認できるもの)

バンコック銀行のクレジットカード情報はこちら

ATMカード説明pdf

ATMカード・クレジットカードーWEBページ

カシコン銀行の場合


必須条件

  • タイで設立されている会社で6ヶ月以上働いていること
  • 月給50,000バーツ以上であること

必要書類

  • パスポート
  • ワークパーミット(労働許可証)
  • 収入を証明する書類(給与明細または会社が発行した給与証明書)
  • カシコン銀行の普通預金通帳(直近6カ月分以上の取引明細が確認できるもの)

カシコン銀行のクレジットカード情報はこちら

(英語・タイ語のみ)


アユタヤ銀行(クルンシィ銀行)の場合


必須条件

  • タイで設立されている会社で6ヶ月以上働いていること
  • 月給50,000バーツ以上であること

必要書類

  • パスポート
  • ワークパーミット(労働許可証)※残存有効期限6ヶ月以上
  • 収入を証明する書類(給与明細または月収が記載されている雇用証明書)
  • 給与が振り込まれている銀行口座の普通預金通帳(直近6カ月分以上の取引明細が確認できるもの)またはステートメント(給与証明書)

アユタヤ銀行のクレジットカード情報はこちら


クレジットカードの種類

タイでも日本と同様に、 銀行系のカードはもとよりデパートとの提携カードといった様々な種類のクレジットカードが発行されています。また、一般カードやゴールドカードといったプレミアム特典などが付くカードも用意されているので、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選びましょう。

カード利用に応じて付くポイント制度もカードによって千差万別。加入する前に特典をよく調べてみるのもクレジットカード選びのコツと言えるかもしれません。


クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードを使う際に不安なのが、特にオンラインショップを使う際のセキュリティ面。タイではすべてのクレジットカードにICチップが付き、ネットショッピング決済時は3Dセキュア(本人認証サービス)対応となっているので、安心して利用できます。
カード会社によっては3Dセキュアを使う際に別途申し込む必要があるので、クレジットカードの発行元に確かめてください。

クレジットカードをカード発行国と違う通貨で決済した際には、国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB等)が設定する為替手数料(事務手数料、海外取引関係処理費、海外利用に関わるコスト)が加算されます。



クレジットカードの一例

タイで発行されているクレジットカードの一例を紹介します。年会費や特典などは随時変更されることがあるので、契約時に確認してください。



銀行系カード

BTSや病院などと提携したカードもあり、特典内容もさまざまです。用途やライフスタイルに応じた一枚を選びましょう。


※特典は主な情報のみを掲載しています。条件が変更になる場合があるので、契約時に確認してください


バンコック銀行 プラチナムリーダーカード

  • 25バーツの利用ごとに1ポイント(2ポイント=1マイル。タイ国際航空など)
  • 航空券カード購入で海外旅行及び医療保険の付帯サービス
年会費

初年度の入会金及び初年度年会費は無料(次年度から4,000バーツ)

WEBサイト https://www.bangkokbank.com/en/Personal/Cards/Credit-Cards/Bangkok-Bank-Platinum-Leader-Card

カシコン銀行 プラチナムカード

  • 25バーツの利用ごとに1ポイント(3ポイント=1マイル。タイ国際航空など)
  • スワンナプーム国際空港内のタイ航空ラウンジ利用(年2回まで)
年会費

入会金及び初年度年会費は無料(次年度から1,050バーツ/年間12回以上の使用で次年度年会費無料)

WEBサイト https://www.kasikornbank.com/en/personal/Credit-Card/Pages/platinum.aspx

アユタヤ銀行(クルンシィ銀行) JCBプラチナムカード

  • 25バーツの利用ごとに1ポイント(2ポイント=1マイル。タイ国際航空など)
  • JCB提携の日本を含む空港ラウンジ利用(JCBホームページ参照)
年会費

無料(※12カ月以上ご利用がない場合は年会費が発生する可能性あり)

WEBサイト https://www.krungsri.com/bank/jp/Japan/various-services/credit-cards.html

シティバンク シティ ロイヤル オーキッド プラスカード

  • 20バーツの利用ごとに1マイルが還元(3ポイント=1マイル。タイ国際航空など)
  • スワンナプーム国際空港内のタイ航空ラウンジ利用(年2回まで)
年会費

初年度年会費は無料(次年度から4,000バーツ)

WEBサイト https://www.citibank.co.th/en/credit-cards/mileage/royal-orchid-plus-select


イオンカード

日本語で問い合わせができ、多くの在タイ日本人が持つイオンカード。さまざまなカード特典がある他、たまったポイントを航空会社のマイレージに交換できるのも魅力です。
各種カード共に、「家族カード」を申し込めます。

イオンタナシンサップ 日本人コンタクトセンター

02-665-0069(平日9:00-18:00)


ゴルフプレイヤー必携の一枚 イオンクラブタイランドカード

  • 25バーツの利用ごとに1ポイント(2ポイント=1マイル。日本航空の1マイルへ交換可能)
  • MaxValu各店での買物が毎日5%割引
  • タイ国内123カ所のゴルフ場にてプレー料金が最大50%割引
  • ハイヤーサービス、ホテル、エンターテインメントなどの割引特典
年会費

1,200バーツ

WEBサイト https://www.aeon.co.th/aeon/jp/card/card-clubth.html

この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る