タイ・バンコクでクレジットカードを作る!
バーツ決済でお得に&賢く!

タイで生活するなら、タイバーツで決済できるクレジットカードが便利。買い物や公共料金の支払いなど何かと使えるクレジットカードは1枚持っておくと安心です。

タイのクレジットカード


タイで生活するならタイバーツで決済可能なクレジットカードが便利

タイで働く日本人のほとんどがタイの銀行口座を持ち、タイバーツで給料を受け取っていますが、毎回ATMにお金を引き出しに行くのは手間がかかり面倒です。
そんな時にバーツ決済できるクレジットカードを1枚持っていると、現金が足りなくなった時や大きな買い物をした時の支払いに使えてだいぶ便利。

また、日本のクレジットカードを使うと支払いは日本円となり、為替レートの変動や手数料がかかり支払う金額が高くなってしまうので、タイで生活するならタイのクレジットカードを作るのがおすすめです。


タイのクレジットカードを使うメリット・デメリット

タイでクレジットカードを使う際には注意しなければならないことがあります。メリットやデメリットをよく理解したうえでカードを使うようにしましょう。


メリット

現金を両替するより手数料が安い

タイから日本への一時帰国やタイ国外の海外旅行をする際、現金の両替が必要です。空港や両替する場所によって手数料は変わりますが、両替の際は必ず手数料がかかります。両替所によっては10%近く手数料がかかることも。クレジットカードを使用する場合も事務手数料はかかりますが、大体1.6〜2%ほど。そのため、無理に両替せずにカードを利用したほうが安く済む場合があります。


大金を持ち歩く必要がない

大金を持ち歩くのはスリや盗難などの被害に遭うリスクも。クレジットカードを持っていれば、多額の現金を持ち歩く必要はなく、現金が足りなくなった時もカードで買い物や支払いができます。


デメリット

カードが使える場所と使えない場所がある

タイはクレジットカードの利用率が上がってきているとはいえ、利用できないお店や場所もあります。ナイトマーケットやローカル市場、バスやトゥクトゥクなどは現金払いの場合が多いです。カードを利用したい場合は、利用前に必ず確認するようにしましょう。
またカードが使える店であっても「購入金額が300B以上でないとカード利用不可」というケースもあります。そのため、ある程度は現金を用意しておくと良いでしょう。


誰でもクレジットカードが作れるわけではない

タイでは労働許可証(ワークパーミット)や労働ビザ、平均的な収入(月収15,000B以上)等がなければクレジットカードを作ることはできません。


POINT

  • クレジットカード決済時の注意点
    クレジットカードをカード発行国と違う通貨で決済した際には、国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB等)が設定する為替手数料(事務手数料、海外取引関係処理費、海外に関わるコスト)が加算されます。

クレジットカードのトラブル・注意点

日本と違い、海外でカードを使う場合は様々なリスクやトラブルはつきもの。
特にお金が関わるクレジットカードは問題が起こってしまうと対応に時間がかかります。トラブルを避けるためにも注意点や気をつけたいことを確認しましょう。


ATMのスキミング

クレジットカードを使ってキャッシングを利用する場合、銀行やデパートのほか、空港などで利用者が多く安全な場所にあるATMを利用するようにしましょう。人通りの少ない場所や死角となる場所にあるATMではカードの盗難やスキミングの被害に遭う可能性が高いので注意が必要です。


支払い時は金額を確認する

クレジットカードで支払いした際、金額を確認せずにサインをしてしまい、さらにレシート(領収書)を受け取らなかったため、高額な金額を請求されてしまったというトラブルがあります。カード利用時の高額請求被害を防ぐために、正確な金額が記載されているかどうか、利用伝票の控えは必ず受け取るようにしましょう。


クレジットカードのすり替え

タイのゴルフ場でロッカーに預けていた財布からクレジットカードが抜き取られ、自分の財布には別人のカードが入っていたという事件が頻発しています(自身のカードは不正利用されていた)。財布や貴重品はロッカーには預けずに自分で管理するようにしましょう。

またゴルフ場だけでなく、レストランやホテルのフロントなどでカードを手渡して支払った際も注意が必要です。カードを受け取った後は自分のカードであることを必ず確認しましょう。


クレジットカードの解約

タイで作成したクレジットカードは原則タイ国内でしか解約することができません。日本への本帰国やタイ国外へ居住地が変わる場合は、タイを出国する前に必ず解約しましょう。


POINT

  • カード会社や警察の連絡先は控えておく
    カードの個人情報流出や不正利用、紛失・盗難に遭ってしまった時のために、カード会社や現地警察の連絡先は控えておくようにしましょう。カード会社によっては保険が適用される場合もあります。被害を最小限に抑えるためにもカードの取り扱いには注意が必要です。
  • 利用通知は必ず確認する
    カードを利用すると携帯にSMS(ショートメッセージ)で利用通知が届くサービスもあります。利用通知サービスに登録しておけば、見に覚えのない通知が届いた時はすぐに気付くことができるので登録しておきましょう。通知が届いた際は必ず毎回利用明細を確認してください。


クレジットカードの取得条件

タイでクレジットカードを作るためには、タイ中央銀行で定められている条件を守る必要があります。タイ人でも外国人でも月収15,000B以上の収入があり、外国人は労働許可証(ワークパーミット)を取得していることなどが条件です。

また、外国人がクレジットカードを取得するためには銀行ごとに条件が決められており、審査の結果によっては取得できない場合もあります。

下記に主要3銀行の取得条件を記載しました。その他の銀行に関しては、直接銀行へ問い合わせて条件等を確認してください。


バンコック銀行の場合


申し込み方法

必要書類を準備して銀行窓口で申し込む


必須条件
  • 20歳以上(家族カードは15歳以上)
  • 月収15,000B以上
  • タイで設立されている会社で6カ月以上働いていること
  • 与信枠に応じた金額を保証金として口座に預金(引き出し不可。クレジットカード解約後に引き出し可)

必要書類
  • パスポート
  • 労働許可証(ワークパーミット)
  • 収入を証明する書類(給与証明書、給与振込控、源泉徴収書等)
  • バンコック銀行の普通預金通帳(直近6カ月分以上の取引明細が確認できるもの)

バンコック銀行のクレジットカード情報はこちら
ATMカード・クレジットカードーWEBページ

バンコック銀行クレジットカード・カスタマーサービスセンター(紛失・盗難時、解約時)

02-638-4999(24時間対応)※タイ語、英語のみ



カシコン銀行の場合


申し込み方法

必要書類を準備して銀行窓口で申し込む


必須条件
  • 20歳〜80歳(家族カードは15歳以上)
  • 月収50,000B以上
  • タイで設立されている会社で6カ月以上働いていること
  • 金融機関への支払いの滞納歴なし

必要書類
  • パスポート
  • 労働許可証(ワークパーミット)
  • 収入を証明する書類(給与証明書、給与振込控、源泉徴収書等)
  • カシコン銀行の普通預金通帳(直近6カ月分以上の取引明細が確認できるもの)

カシコン銀行のクレジットカード情報はこちら

(英語・タイ語のみ)


K-Contact Center Service

02-8888888(24時間対応)※タイ語、英語のみ


アユタヤ銀行(クルンシィ銀行)の場合


申し込み方法

必要書類を準備して銀行窓口で申し込む


必須条件
  • 20歳〜65歳(家族カードは15歳以上)
  • 月収50,000B以上
  • タイに居住している人
  • タイでの勤務年数1年以上

必要書類
  • パスポート
  • 労働許可証(ワークパーミット)※残存有効期限6カ月以上
  • 収入を証明する書類(給与明細書または月収が記載されている雇用証明書)
  • 直近6カ月の給与受け取りが確認できる預金明細(通帳または給与明細書)

アユタヤ銀行のクレジットカード情報はこちら

日本語コールセンター

1572(月〜金 ※タイの祝日を除く8:30〜17:30)

※市外局番なしで利用可能、ダイヤル後「3」を押してください

※日本語オペレーター対応時間外はタイ語・英語オペレーターが対応

Krungsri JCB Platinum

02-646-3939(日本語対応は「3」を押す)

Krungsri VISA Platinum

02-646-3555(英語、タイ語のみ)

Krungsri VISA Signature

02-627-4788(英語、タイ語のみ)



クレジットカードの種類

タイも日本と同様に、一般カードからプレミアム特典が付くゴールドカードに、プラチナカードといった様々な種類のクレジットカードがあります。自分のライフスタイルに合ったカードを選びましょう。


銀行系クレジットカード

タイではじめてクレジットカードを作るなら、銀行系のクレジットカードがおすすめ。タイの銀行口座を持っていれば、同じ銀行のクレジットカードが作りやすく、利用金額を支払う引き落とし口座の設定も簡単です。


デパート系クレジットカード

デパートやショッピングモールでの買い物頻度が高い人におすすめ。メリットはカードごとに特典や割引があり、ポイントの還元率が高いことです。


航空会社系クレジットカード

貯まったポイントを航空会社のマイルと交換したいなら航空会社系のクレジットカードをおすすめします。空港利用時に専用ラウンジが利用できるなどの特典やサービスも充実。


【&More】帯同で来た配偶者や学生でも作れる家族カード

家族の海外赴任に伴う帯同の場合、配偶者(個人)名義のクレジットカードを作ることはできません。カードを持てる方法は、クレジットカード本会員と一緒に作ることができる「家族カード」です。家族カードとは労働許可証(ワークパーミット)や労働ビザがない専業主婦と学生が持つことができるクレジットカード。利用金額の制限等もありますが、タイで生活する期間だけでも家族カードを持っておくといざというときに便利です。



クレジットカードの選び方

タイにはさまざまな種類のカードがあります。入会条件、特典やサービスなど自分に合ったカードを選びましょう。


主要国際ブランドのカード

バンコク等の都市では、主にVISA・MasterCard・JCBの3つのブランドが主流。国際ブランドカードはタイ国内外で利用できるので、日本への一時帰国や国外旅行の際にも使えて便利です。


優待サービスが付いているもの

発行するカード会社によっては現地(タイ)のレストランやデパートはもちろん、空港のラウンジ利用などの特典やサービスが付いているものもあります。


紛失・盗難等に対する補償が付いているもの

カードの紛失や不正利用があった場合、保険や補償が付帯されていないカードだと不正利用されてしまうと支払いは全額個人負担になってしまいます。補償金額はカードごとで異なりますが、少しでも負担を減らすためにも保険や補償が付いているカードを選ぶようにしましょう。

※補償範囲を超える金額は個人負担になる場合があります


日本語サポートがある

カード作成時やトラブルが起きた時に日本語で対応可能なサービスがあると安心です。タイ国内の大手銀行(バンコック銀行やアユタヤ銀行)は日本語デスクがあり、イオンは日本語対応可能なカスタマーサービスがあります。



クレジットカードのセキュリティ

海外でクレジットカードを使う際に不安なのがカードのセキュリティ面。タイではすべてのクレジットカードにICチップが内蔵されており、ネットショッピング決済時は3Dセキュア(本人認証サービス)対応となっているので、安心して利用できます。
※VISA・MasterCard・JCBは3Dセキュアを採用しています。

POINT

  • カードが届いたら利用開始手続きをする
    タイのクレジットカードは、カードが手元に届いたら“アクティベート(有効化)”と呼ばれるカードの利用開始手続き(本人確認)が必要になります。この設定をしないとカードは利用できないので忘れずに行いましょう。
    ※アクティベートの方法はカードごとで異なります。


タイで発行できるクレジットカード(※一例)

タイで発行されているクレジットカードも種類やランクはさまざま。年会費や特典などは各カードによって異なるので、契約時に確認しましょう。

※主な特典のみを掲載しています。詳細は各種カードのHPを確認ください。


銀行系カード


バンコック銀行 プラチナムリーダーカード


特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • タイ国際航空などのマイルと交換可能(1マイル=2ポイント)
年会費

初年度の入会金及び初年度年会費は無料(次年度から4,000B)

WEBサイト https://www.bangkokbank.com/en/Personal/Cards/Credit-Cards/Bangkok-Bank-Platinum-Leader-Card

カシコン銀行 プラチナムカード


特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • タイ国際航空のマイルと交換可能(1マイル=3ポイント)
  • スワンナプーム国際空港内にあるタイ国際航空ラウンジ(Miracle Lounge)利用(年2回まで)
年会費

入会金及び初年度年会費は無料(次年度から1,050B/年間12回以上の使用で次年度年会費無料)

WEBサイト https://www.kasikornbank.com/th/personal/creditcard/pages/platinum.aspx

アユタヤ銀行(クルンシィ銀行) JCBプラチナムカード


特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • タイ国際航空などのマイル交換可能(1マイル=2ポイント)
  • JCB提携の日本を含む空港ラウンジ利用(JCBホームページ参照)
年会費

無料(※1年以上利用がない場合は年会費請求の可能性あり)

WEBサイト https://www.krungsri.com/jp/japan/various-services/credit-cards

シティバンク シティ ロイヤル オーキッド プラスカード


申し込み方法

オンライン(タイ語・英語のみ)


必須条件
  • 20歳以上
  • 月収80,000B以上

特典
  • 20Bごとの利用で1マイルが還元
  • タイ国際航空などのマイルと交換可能(1マイル=3ポイント)
  • スワンナプーム国際空港内のタイ航空ラウンジ利用(年2回まで)
年会費

初年度年会費は無料(次年度から4,000B+VAT)

WEBサイト https://www.citibank.co.th/en/credit-cards/mileage/royal-orchid-plus-select



デパート系カード


The1 Credit Card(CENTRAL Group) Central The1 LUXE

CENTRAL Groupが展開するカードブランド。セントラル系列のデパートや系列店舗で利用でき、会員割引や特典なども充実。カードは「Central The1 REDZ」「Central The1 LUXE」「Central The1 BLACK」「Central The1 THE BLACK」の4種類。


申し込み方法

オンライン(タイ語・英語)


必須条件
  • 20歳〜65歳(家族カードは15歳以上)
  • 月収100,000B以上
  • タイでの勤務年数1年以上

必要書類
  • パスポートのコピー
  • 労働許可証(ワークパーミット)
  • 給与明細書または勤続年数が記載された給与証明書のコピー
  • 過去6カ月分の給与が含まれる残高証明書

特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • セントラル系列商業施設のVIPラウンジ利用可能(カード1枚につき1名まで)
年会費

4,000B

WEBサイト https://www.central.co.th/th/partnership-promotion/t1-redz

SCB M Card(THE MALL GROUP) SCB M LIVE

SCB M CardはSCB(サイアム・コマーシャル銀行)とサイアムパラゴンやエムクオーティエ、The Mallなどを運営しているMall Groupが提携するカードです。カードは「SCB M LEGEND」「SCB M LUXE」「SCB M LIVE」の3種類があります。


申し込み方法

SCB(サイアム・コマーシャル銀行)の窓口・オンライン(タイ語・英語)から申し込み


必須条件
  • 20〜70歳(家族カードは15歳以上)
  • 月収15,000B以上
  • タイで3カ月以上働いていること

必要書類
  • パスポートのコピー
  • 労働許可証(ワークパーミット)
  • 給与明細書または給与証明書のコピー
  • 過去3カ月分の給与が含まれる残高証明書

特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • タイ国際航空などのマイルと交換可能(1マイル=4ポイント)
  • The Mall系列の商業施設での買い物5%割引
年会費

500B

WEBサイト https://www.scb.co.th/en/personal-banking/cards/credit-cards/all-cards/scb-m-live.html



イオンカード

日本でもおなじみのイオンカード。在タイ日本人の所持率も高く、日本語サポートセンターが設置されているため、日本語で問い合わせができるのが安心。

カードの種類ごとにさまざまな特典やサービスが付いており、貯まったポイントを航空会社のマイレージに交換できるのも魅力です。
さらに日本語対応の専用アプリ「AEON THAI MOBILE」を登録すると、カードの利用状況や明細等をいつでも確認することができます。

日本人コンタクトセンター

02-665-0069(平日9:00〜18:00)

※営業時間外はイオンコンタクトセンター02-665-0123(タイ語・英語)に問い合わせください。


カードの申し込み方法

※クラブタイランドカードはクラブタイランド店頭でも申込み可


必須条件
  • 20歳以上
  • タイに居住している人
  • 日本に連絡先がある人
  • ※収入や勤務状況については各カードにより異なります。

必要書類
  • カード申込書(マックスバリュ各店舗もしくはウェブサイトからダウンロード)
  • パスポートの見開きコピー
  • 労働許可証(ワークパーミット)の見開きコピー
    ※現地採用の場合は4カ月以上経過している人
  • 給与明細書または給与証明書のコピー(発行日が3カ月以内)
  • 銀行通帳のコピー
  • 直近6カ月分の給与振込が確認できる銀行通帳またはステートメントのコピー(現地採用のみ)

イオンカード イオンゴールドカード


必須条件
  • 月収20,000B以上(家族カードは18歳以上)
  • タイで4カ月以上働いていること

特典
  • 20Bの利用ごとに1ポイント
  • 日本航空のマイルと交換可能(1マイル=2ポイント)
  • タイ国内にあるイオン専用ラウンジが月4回まで利用可
年会費

500B(税別)

WEBサイト https://www.aeon.co.th/aeon/jp/card/card-aeon.html

ゴルフプレイヤー必携の一枚 イオンクラブタイランドカード


必須条件
  • 月収15,000B以上(家族カードは18歳以上)
  • タイで4カ月以上働いていること

特典
  • 25Bの利用ごとに1ポイント
  • 日本航空のマイルと交換可能(1マイル=2ポイント)
  • タイ国内123カ所のゴルフ場の予約が最大50%割引
  • ハイヤーサービス、ホテル、エステ等のレジャー施設が特別優待料金で利用可能
年会費

1,200B(税別)

WEBサイト https://www.aeon.co.th/aeon/jp/card/card-clubth.html

日本語サポートのあるタイの銀行なら!

この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る