ワークパーミット不要!
タイのバンコック銀行で口座開設!

※長期滞在ビザを保有している方に限ります。

バンコク生活では、やはり銀行口座を持っていたいもの。ただ、タイの銀行では、ワークパーミットを所持していない外国人が銀行口座を開設することはできないというのが今までの常識。
ところが調べてみると、バンコック銀行の支店によってはワークパーミットがない外国人でも銀行口座を開設できるようです。そこでバンコック銀行エンポリアム支店へさっそく口座を開設しに行ってきました。

事前に用意して銀行へ持っていくもの

  • パスポート
  • 長期滞在ビザ
  • 在留届証明書(英文)
    在タイ日本大使館で発行(発行手数料610バーツ)。2021年12月現在、申請日を含めて3日後に受取可能です。窓口受付時間は8:30〜11:00、13:30〜15:00。
    ※在タイ日本大使館に在留届を出していない場合は、その場で手続きを行い、在留届済証明書を申請してください。


口座開設のための申請手順

バンコック銀行エンポリアム支店は、BTSプロンポン駅直結の商業施設エンポリアムのG階にあります。


1 支店へ行く

検温・手の消毒後、支店の中ほどに進み整理券発行機へ。発行機の上部に日本語で「整理券」と書かれた案内板が設置されています。


2 整理券を取る

整理券発行機のパネルに表示されている数字の「2」をクリック。下部から整理券(タイ語でバット・キウ)が出てくるので受け取ってください。


3 順番を待つ

整理券の番号が呼ばれるのを待ってください。カウンター奥の電光掲示板に、整理券番号と行くべきカウンターの番号が表示されるので、それで確認することもできます。


4 口座開設を申請

順番が来たら指定のカウンターに行き、窓口の担当者に口座を開設したい旨を告げます(タイ語:เปิดบัญชีブート・バンチー、英語:Opening of Deposit Account)。労働許可証(Work Permit)の有無を問われるので、「持っていない」と答えます。


5 書類に記入

担当者から手渡される書類(4種類)に必要事項を記入します。


1. 『口座開設申請用紙(個人用)』への主な記入事項

  • 氏名(パスポートに記載されたアルファベットのスペルと同じ)
  • 生年月日(日/月/西暦)
  • 国籍(その他の欄に印をつけて右の空きスペースに国籍を記入。日本ならJAPAN)
  • パスポート番号
  • 住所(郵便物の希望送付先)
  • 固定電話番号・携帯電話番号
  • Eメールアドレス(本人のメールアドレスのみ有効)
  • 希望するサービス全てにチェック
    ◆新規口座開設
    ◆ATM カード発行
    ◆SMSへのアラート
    ◆インターネットバンキング・モバイルバンキングの中から、新規口座開設とインターネットバンキング、モバイルバンキングの希望を選択
    ◆ATM カード発行
  • 希望する口座
    ◆普通預金(通帳有り)を選択
  • 口座名義人氏名(本人の名前)
  • 右下にサイン(パスポートと同じサイン)

※書き間違えた場合は誤った文字の上に線を引いて、そばに正しく書き直してください。その後その近くに小さくサインが必要です。


日本語サポートのあるタイの銀行なら!

一番上へ戻る