タイ・バンコクの銀行事情

シーロムやスクンビット界隈には、日本語が通じる日本人専用カウンターを設けている銀行があって安心です。また、ほとんどのATMが日本語・英語などにも対応しており、日本とほぼ同様のサービスを利用することができます。

タイの銀行事情

タイにも多くの商業銀行があります。外国人が銀行口座を開設する場合、国際マネーロンダリングを防ぐために、基本的には労働許可証(ワークパーミット)を保持していないと口座を開設できません。ただし、労働許可証を保持していなくても、在留届済証明とビザ、そしてパスポートがあれば開設できる銀行(可能な支店が限定されます)もあります。


仕事などでタイに来ている外国人なら、在タイ大使館の発行する在留届済証明、ノンイミグラントビザ(就労ビザ)、労働許可証、パスポートなどの提示で口座開設が可能です(銀行により、提出書類や口座開設可否は異なります)。


本帰国をした場合などで労働許可証(ワークパーミット)が無くなったり、タイに居住していることを証明できなくなると、再び銀行口座を開設することはできなくなります。そのため将来的にタイへ戻る可能性があるなら、維持していたほうが良いでしょう。


ATM(預金引き出し・振込など)

ATMは、キャッシュカードを作っておけば24時間無料で利用できますが、年会費がかかります(200〜300バーツ ※銀行によって異なる)。口座を作った銀行の管轄内(同都県内)であれば、他行のATMも無料で利用可能です(銀行ごとに無料利用の回数制限が異なる)。また、管轄外(同都県外)で現金を引き出す場合、口座がある銀行のATMでも手数料(15〜20バーツ ※銀行によって異なる)が必要となります。


また、多くの商業銀行のATMでは現金引き出し以外に、振込や自動引き落としの申し込み・設定、各種支払いなどが可能。


ATMの利用時は、一定の時間が経つと挿入したカードが自動的に回収される仕組みになっているので注意してください。タイではキャッシュカードより先に現金が出てくるため、気をつけましょう。万が一ATMに吸い込まれたり紛失した場合などは、速やかに最寄りの銀行支店へ行くか、各銀行のコールセンターへ連絡して事情を説明してください。その後に再発行の手続きをしましょう(有料)。一方、通帳の記入は各銀行に設けられた専用ATMを利用する必要があります(※再発行は100〜599バーツほど ※銀行によって異なる)。


キャッシュカードのICチップ化

タイ中央銀行によりICチップの付帯が義務化され、2020年1月15日以降、磁気タイプのカードは使用することができません(2016年5月以降に発行されたカードはすべてICチップ付帯)。


CDM(現金預け入れ)・PUM(預金通帳記帳)

タイのATM機は日本と異なり現金を預け入れすることができません。現金預け入れ専用の機械はCDMと表記されている機械で、銀行かショッピングセンター内などのごく一部に設置されています。操作に不安がある場合は、銀行に併設された機械か銀行窓口を利用するのがオススメです。


また、日本ではATM機で預金通帳への記帳もできますが、タイではこれも専用の機械でなければできません。PUMと表記された機械がそれで、やはり銀行かショッピングセンター内などのごく一部の場所に限られます。なお、通帳の更新は銀行窓口で行ってください。


デビットカード

銀行口座を開設する際にキャッシュカードを同時に作ることができます。キャッシュカードは付帯機能やサービスの有無によって数種類用意されているので、好みのものを選んでください。デビット機能が付いているものを選べば、スーパーや飲食店などの加盟店で利用することができます。すぐに自身の口座から引き落とされ、多額の現金を持ち歩く必要がないので安心です。


口座管理料

タイでは、最低預入金額を設定している銀行がほとんどです。
残高が満たない場合は、口座管理料が引き落とされます。
例えばバンコック銀行の普通預金は、口座残高が2,000バーツ未満で、1年以上口座に入出金がなければ、毎月50バーツの口座管理料が自動で引き落とされるので注意しましょう。



主な商業銀行

Bangkok Bankバンコック銀行

タイ国内最大の商業銀行で、国内には1000以上の支店を構え、1700万人の顧客を持っています。日本国内にも実店舗の支店があり、シーロム本店にはジャパンデスクがあるので安心です。

SWIFTコード

BKKBTHBK

WEBサイト https://www.bangkokbank.com/en/Japanese-Section
コールセンター 

1333



Bank of Ayudhyaアユタヤ銀行

通称「クルンシィ銀行」。在タイ中華系財閥ラタナラック家の資本で、現在は日本の三菱UFJファイナンシャル・グループが主要株主です。国内支店は600カ所以上あり、ジャパンデスクも日本人居住エリアにあります。

SWIFTコード

AYUDTHBK

WEBサイト https://www.krungsri.com/bank/jp/main-page.html
コールセンター 

1572


Government Savings Bankオムシン銀行

財務省直轄の王室系商業銀行で、ラマ9世が国民に貯金を促すために設立しました。国内に1000以上の支店を持ち、他社とは異なって都市部に集中していないのが特徴です。

SWIFTコード

GSBATHBK

WEBサイト https://www.gsb.or.th/
コールセンター 

1115


Kasikorn Bankカシコン銀行

ラムサム家グループの資本で設立された旧称「タイ農業銀行」。国内支店は800を超え、支店によってはジャパンデスクがあり、日本には東京駐在員事務所があります。

SWIFTコード

KASITHBK

WEBサイト https://www.kasikornbank.com/EN/personal/Pages/Home.aspx
コールセンター 

02-888-8888


Krung Thai Bankクルンタイ銀行

タイ財務省直轄の国営商業銀行です。政府がつくった銀行と、公務員らがつくった銀行が合併したもので、国内に1000以上の支店を持ちます。

SWIFTコード

KRTHTHBK

WEBサイト https://krungthai.com/en/personal
コールセンター 

02-111-1111


Siam Commercial Bank(SCB)サイアムコマーシャル銀行

通称「タイパニット銀行(サイアム商業銀行)」は、タイで最も歴史の古い商業銀行です。王室系の銀行であり、主要株主はタイ国王。国内に1000以上の支店を持っています。

SWIFTコード

SICOTHBK

WEBサイト https://www.scb.co.th/en/personal-banking.html
コールセンター 

02-777-7777


TMB Thanachart Bank(TTB)TMBタナチャート銀行

2021年5月にタイミリタリー銀行(TMB)とタナチャート銀行が合併し、「TMBタナチャート銀行(略称:TTB)」に改名した国営商業銀行です。国内支店は600カ所以上あります。

SWIFTコード

TMBKTHBK

WEBサイト https://www.ttbbank.com/en
コールセンター 

1428


United Overseas BankUOB銀行

本社はシンガポール。東南アジアを中心に19カ国で500以上の支店があり、タイ国内には100以上の支店があります。シンガポール、インドネシア及びマレーシアにあるUOBのATMでは手数料なしで現地通貨が引き出し可能です。

SWIFTコード

UOVBTHBK

WEBサイト https://www.uob.co.th/default-en/index.page
コールセンター 

02-285-1555


日本語デスクのある主な銀行

バンコック銀行

シーロム本店 https://goo.gl/maps/pGtEq2rhWGAQS1eR9
Eメール

japandesk@bangkokbank.com

1階「口座開設カウンター」入口の発券機で、7番の「日本語サービス」の札を取ります。


アユタヤ銀行

エムクオーティエ支店 https://goo.gl/maps/AZBwgtQt2Enz6zRVA
トンソン支店 https://goo.gl/maps/DXxCNZGevBi3aAfJ7
Jアベニュー・トンロー支店 https://goo.gl/maps/8n4Tz77fwLDJU6YMA

カシコン銀行

スクンビット・33支店 https://goo.gl/maps/AY3c6W99JSCSaNy4A


国際送金(タイ→日本)

タイバーツで「振り込まれた給料を日本にいる家族に送金したい」「本帰国の際にタイの銀行口座に残ったバーツを日本の口座へ移したい」「日本の口座にお金を入れておきたい」など、このような場合は駐在員の人も現地採用の人も、タイから日本への国際送金で悩んだがことがあるかもしれません。

『必要な時に必要な額をスムーズに送金したい』そんなタイから日本への国際送金の方法を紹介します。


タイの銀行を利用する国際送金

現在のところ、最も一般的だとされるタイから日本への国際送金はタイの銀行を利用する方法。タイの各銀行では国際送金サービスを受け付けていて、もちろん日本へも送金できます。銀行によっては窓口のほか、口座を持っていればアプリからでも送金が可能です。(アプリからの国際送金は初回に限り銀行窓口での登録が必要です)


国際送金サービスを利用する際に用意しておくもの

  • パスポート
  • 労働許可証(ワークパーミット)
  • タイの銀行の預金通帳
  • 銀行に備えてある海外送金申込用紙
  • 会社発行の給与証明書(給与送金の場合に必要)
  • 送金するためのタイバーツ(タイの銀行口座から送金する場合は送金時に引き落とされます)
  • 海外送金手数料(タイの銀行口座から送金する場合は送金時に引き落とされます)

海外送金申込用紙は各銀行の窓口にあり、送金先の「金融機関名とSWIFTコード、支店名と支店の住所、口座番号、口座名義人」などを記入します。なお、タイから送金したバーツを日本の銀行口座で受け取る場合には、マイナンバーカードへの事前登録が必要です。

タイの銀行窓口やアプリから手続きして、およそ5営業日で送金先の銀行口座に着金します。

海外送金手数料は送金先の各銀行によって異なるので、窓口などで確認してください。



タイの銀行から日本へ国際送金する場合の手数料など

1回の送金での限度額 限度額なし(アプリの場合は銀行により異なる)
SWIFT手数料 300〜500B(銀行により異なる)
海外送金手数料 送金金額の0.05%(各銀行により設定最低金額あり)
送金手続き ・タイ国内の各支店窓口
・各銀行専用アプリ
受取り手数料 1,500円〜2,500円(銀行によって異なる)
受取り手続き 日本国内の銀行口座



日本の主な銀行のSWIFTコード

Mitsubishi UFJ Bank三菱UFJ銀行
SWIFTコード

BOTKJPJT


Mitsui Sumitomo Bank三井住友銀行
SWIFTコード

SMBCJPJT


Mizuho Bankみずほ銀行
SWIFTコード

MHCBJPJT


Resona Bankりそな銀行
SWIFTコード

DIWAJPJT




国際送金(日本→タイ)

日本からタイへの送金手続きには、受取人の口座名義・口座番号・名義口座の種類(普通預金口座など)・送金先銀行のSWIFTコードが必要です。
バンコック銀行では、タイ時間16時までに受け取った送金は、原則当日に入金処理されます。


日本語サポートのあるタイの銀行なら!

一番上へ戻る