タイ各地で大気汚染悪化
AQIが200超の地域も

バンコク首都圏や中部、東北部などで大気汚染が悪化している。タイ天然資源環境省公害管理局によると、11月29日午後8時時点の空気質指数(AQI)は東北部ウボンラーチャーターニー県ウボンラーチャーターニー市で201と、「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

バンコク首都圏では過半数の観測地点で「健康への悪影響が始まる」とされる100を超え

バンコク西郊のサムットサコーン県サムットサコーン市マハチャイで176

北郊のノンタブリー県パクレットで166

バンコク都クロンサムワー区で145

パトゥムワン区サムヤーンミットタウン前で148

ラークラバン区ラークラバン通りで150

ノノンケム区ペチャカセーム81のマージャルーン通りで154

北部ピッサヌローク県ピッサヌローク市は153

(11月29日=newsclip)


Parrots


Parrots

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る