15日から国内のほぼ全域が雨季へ

気象局は12日、国内のほぼ全域が15日から雨季に入るとの予報を発表した。

上空3,500〜5,000mを吹く季節風が、アンダマン海の湿気を運びながら全土を覆うことで雨季が始まるという。

なお、国内の広範なエリアで連続降雨が起きているため、鉄砲水を引き起こす可能性があり、注意を促している。

また、今シーズンの雨季の雨量は昨年よりも5〜10%多くなると予想している。

(プラチャーチャート)
https://www.prachachat.net/general/news-667759



この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top