新型コロナ回復率87% 薬の早期投与が鍵

保健省のソムサック医療局長が電話インタビューに応じて、タイで新型コロナウイルス感染者の回復率が87%に上っている。タイ保健当局の研究に基づく措置で、早い段階で抗ウイルス薬を投与しているが、効果があると信じていると語った。
 
タイでは24日現在、2845人の感染が確認され、すでに2490人が治癒した。ソムサック局長によると、患者の症状に応じ、7種類の抗ウイルス薬を投与。そのうち6種類はタイで調達でき、残る抗インフルエンザ薬「アビガン」も、輸入元の日本と中国の協力で十分な在庫を確保しているという。
 
症状によって患者を3つのグループに分け、無症状の感染者は抗ウイルス薬を用いず、軽症者にはアビガン以外を使用。重症者はアビガンを投与する。その結果、ソムサック局長によると、医師からは早期に薬を投与するほど回復が早いという報告が届いているという。
 
タイでは4月21日以降、新たな感染者が20人以下にとどまる日が多い。ソムサック局長は、第2波が訪れる可能性はあると警戒しつつも、ソーシャルディスタンスなどの対策を守れば、新たな感染は小規模に抑えられるだろうと語った。
 
(タイ・ムーヴ・インスティテュート)
 
https://www.thaimoveinstitute.com/8911/

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る