ワンダフルな海外での資産運用

日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問をテーマに、タイ駐在で投資初心者のAさんが、日本人FPの近藤さんから学んでいくコーナーです。

日本に帰任後の運用って?

Aさん

同僚の帰任が決まって昨晩は送別会だったんです。取引先との送別会もあるようで、引っ越し準備や子供の学校のこと、仕事の引き継ぎ等々、赴任中で一番忙しいと言っていました。

そんな中、貯まったバーツをどうしようか悩んでいましたね。

特にすぐに使う予定もないし、日本に持って帰っても銀行に置いておくだけだから、なんていうことを言っていました。

FP近藤さん

日本の銀行に、ただ置いていてもほとんど増えないですからね。

住宅を購入するとか、子供が大学に行くとかでなければ、運用してみるのもいいかもしれませんね。NISAやiDeCoは聞いたことありますか?

Aさん

聞いたことはありますが・・・、

実はよくわかっていないんですよね。

FP近藤さん

まぁ国の制度は分かりづらいものが多いですからね…

日本では投資で利益を得ても、増えた部分は収入と見なされます。

つまり、この部分に対して税金を払う必要があります。払うと言っても日本の証券口座などは源泉徴収してくれるので、払っている意識はあまりないかと思いますが、しっかりと税金は引かれています。

Aさん

そうなんですね。

仕方ないのでしょうが、なんだかちょっと損した気分。

FP近藤さん

NISA、iDeCoでは税制優遇を受けれる仕組みになっています。

今まで日本人は銀行にコツコツ貯めている人が多くて、個人の金融資産のほとんどは預貯金に偏っていました。国民のその資産を株や投資信託に動かそうという政策です。海外駐在中はできませんが、日本に帰ると検討してもいいかもしれませんね。

NISAは一般NISAと積立NISAがあって、どちらも運用益に対して税金がかからない制度です。

iDeCoは個人型年金制度で掛け金が全額所得控除に使えますし、運用中も益は非課税、受取時も優遇があります。

ただ加入する人の職業によって上限額は変わります。

詳しくは弊社HPをご覧ください。

Aさん

それだったらやってみようかなという気になりますね。

FP近藤さん

ただし、注意も必要です。NISAは利益が出ないことには意味がないですし、使いたいタイミングで値上がりしているとは限りません。

iDeCoは60歳まで引き出すことはできませんので、その前に引き出す必要があるような資金には使えません。

Aさん

なるほど、

そうなると目的に応じて選び方が変わってくるんですね。

FP近藤さん

資産運用で最も大事なのは“目的”です。つまり出口の部分をしっかり考えて、商品や方法を選ぶことが大切です。

具体的な部分はまた次回お話しましょう。


保険の110番ファイナンシャルプランナー 近藤さん
近藤さん ファイナンシャルプランナー
■趣味■
ソフトボール・魚釣り

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用 法人を活用した経営者の退職金運用プラン 海外を活用した富裕層向け相続対策

■経歴■
日本の大手企業で5年間海外駐在を経験した後、自身でも興味のあった海外での資産運用という部分を極めてみたくなり転職。2014年より香港で「海外に住む日本人だからこそできる」資産運用を伝えている。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top