東京五輪2020応援企画

  1. 型コロナウイルスに関するニュースが、毎日、世界中を駆け回っている。
  2. 渋谷の街の変わり様については、このコラムで何回か書いたことがある
  3. 速道路を走っていると、ドライバーとしては当然のことかもしれないが、いろいろな道路標識が目に飛び込んでくる。
  4. リンピック競技にはいくつもの種目があるが、それらの中で最もホットに盛り上がるのはサッカーだといっても間違いないだろう。
  5. 京2020大会をどこで観戦するか。各競技が行われる会場まで行って観戦できれば、もちろん最高だ。
  6. 温泉など観光地を旅すると、どうしてもご当地のお土産品が気なってしまう。
  7. 年の夏だと記憶しているが、オリンピック競技とパラリンピックの開催期間中は、首都高速全線の高速料金に1,000円が上乗せされることが発表された。
  8. 節分を過ぎ、まだ寒さは残るが日も少しずつ長くなり、春の訪れを感じるようになってきた。しかし困ったニュースが世間を騒がせている。新型コロナウイルスである。例年ならこの時期、インフルエンザの猛威が話題となるが、これほどの騒ぎにはならない。  それはきっとコロナウイルスが外来種の病気だからだろう。日本の国土は360度、見事に海に囲まれている。そんな天然のバリアがあるからこその安心度があるように思える。でも、それだけに海外からのコミットに不慣れな面も確かにあり、特に新種の恐ろしいウイルスなどと言われると、なおさら過剰に流布されるのだろう。  東京ではマスクがほぼ完全に店頭から姿を消した。ドラッグストアはもちろん、スーパー、コンビニ、百円ショップまで…。これはPM2.5で困っているバンコクもそうかもしれないが、東京はとにかくより極端に反応してしまう気がする。  オリンピックを控えた東京は、外からのものにもう少し強い免疫を持ってほしい。成田空港にいて、ふとそんなことを感じた。
  9. 暖冬だと言われてきた昨今だが、大寒を迎え東京もいよいよ寒くなってきた。東京独特の底冷えも厳しい日が増え、この原稿を書いている1月の最終週は関東各地で雪が降り、八王子や多摩エリアでは積雪も見られた。当たり前ながら、夏日の中で暮らすバンコク在住の方々がうらやましい限りである。  さて、東京2020大会出場を目指すアスリートたちは、寒さを憂いている場合ではなく、一つでも上を目指して切磋琢磨しているはずだ。最近、競技会場や選手村が次々と公開されるなど、オリンピック本番がリアルになってきているが、そんなアスリートたちとそのトレーニングのためのバックヤードともいえるものが、事前トレーニングキャンプだと知った。これは全国各地にあり、競技種目によって各施設(場所)が指定されている。東京2020大会に出場する選手が、ベストコンディションで大会に参加できるようにサポートすることを目的としたものとのこと。  もちろん都内にも、各所にこのキャンプが用意されている。チャンスがあれば、アスリートたちがどのように調整しているのかを見てみたいものだ。
  10. 1964年に開催された東京オリンピックの翌年、父の仕事の関係で僕たち家族は東京都の大田区から神奈川県の茅ヶ崎に引っ越した。

PR
  • 独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!
    独+日=中が生んだ 唯一無二の「射出成形機」がスゴイ!

おすすめ記事

  1. 石井正忠監督独占インタビュー
  2. ソンクラン 旅行特集 2020「ホテル特集」週刊ワイズ ソンクラン 旅行特集 2020「ホテル特集」
  3. ムエタイの若武者福田海斗独占インタビュー
  4. Special Interview Magician JONIO
  5. Special Interview 国際交流基金xLSEアカデミー
  6. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  7. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top