タイローカル塾に変革の波

不景気、少子化、入試形態の変化…
唯一の好調は「Eラーニング」だという

今から10年ほど前、タイにも学習塾ブームが到来し、市場が大きく開花した。しかし昨今、時代の変化により次第にそれらは淘汰されつつある。

最大の要因とされるのが、合計特殊出生率の低下だ。1990年には平均2.11人だったが、現在では1.4人にまで低下。これにより過去5年で、塾に通う学生も半減した。タイホームスクール協会では「出生率の減少により、10年前に比べ学生が70〜80万人も減少している。塾の生徒数もピーク時の半分以下を割り込み、さらなる市場の縮小は避けられない」と、今後の展望を予想。大学の授業方式の変化や不景気なども重なり、流通事業開発局の調べでは2013〜16年の市場損失総額は約2億バーツにも上るという。

一方で、急激に業績を伸ばしているのがインターネットを活用した学習システム「Eラーニング」だ。経済発展により中間層が拡大し、一般家庭にも通信設備が普及。時間や空間にとらわれずに学べるオンライン学習の需要が高まり、とりわけ英語を学ぶ子どもが増えているという。人気英語塾を経営する「Enconcept E-Academy」のターニン氏は、「従来の市場はすでに頭打ちだが、当塾には約10万人の学生が在籍し、営業利益は1億バーツを超える。これは学習トレンドの変化によるものだ」と、自社好調の理由を語る。

いずれにせよ、社会の変化が加速度を増す中で、塾の真価そのものが問われていることは間違いない。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. 戴冠式を終えた国民の声

  5. 死体博物館の目玉に異論

  6. HIV感染をセルフチェック

  7. “迷惑な人”を見せしめに

  8. タイの徴兵事情

  9. 世界最悪の大気汚染

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP