タイの病院事情

近隣諸国の中でも高い医療水準を誇り、日本や欧米に引けを取らない世界トップレベルの医療サービスを享受できるタイ。とくに近年は「医療」と「観光」を組み合わせた「メディカル・ツーリズム」に国を挙げて取り組んでおり、バンコクをはじめとする都市部を中心に、専門性の高い医師や医療従事者を擁する国際病院が林立しています。
 
また、バンコク都内にはタイ語・英語の他、日本語通訳や日本人専門外来を設けている私立病院やクリニックがあり、とても充実した医療環境が整っていると言えるでしょう。こうした日本語が通じる医療機関の多くは、“バンコクの日本人街”とも呼ばれるスクンビットエリアに集中。これらは出産・子育て世帯をサポートする婦人科や小児科はもちろん、歯科、皮膚科、睡眠障害や不妊治療に特化した専門センタなど多岐に渡り、「言葉の壁」に戸惑うことなく安心して受診することができます。

日本との違い・診察の際のポイント・医療費

タイの病院について、日本との違い・診察の際のポイント・医療費について、タイで働くお医者さんにインタビューしました。
医療費については、外科治療のコストは日本より高いとの事です。
また、もしタイ人医師から診察を受ける場合、日本のように言いたい事を汲み取ってくれない場合もあるので、思っている事をはっきり伝えた方が良いとの事です。

【タイ 病院】日本との違い・診察の際のポイント・医療費について聞いてみた。
動画の再生時間:6分45秒


医療機関の種類

日本では保険証を提示すれば標準的な治療を受けることができますが、タイでは病院、医師、治療方法、薬、保険に多様な選択肢があり、それぞれを自分で選択する必要があります。医療機関は公立・私立病院、クリニックなど。それぞれの特徴を見ていきましょう。


公立病院

バンコクの公立病院は概ね医療レベルが安定しており、私立病院に比べて治療費が安価なのがポイント。
ただし、それ故にタイ人患者の受診率が非常に高く、外来受診の順番待ちは1日仕事がかりの大仕事に……。

また、病院側の予算が不十分なために処方できる薬に制約があったり、医師不足により患者1人にかける診察時間が短かったりと注意すべき点も多々あります。

また、ほとんどの医師は英語を話しますが、看護師や事務スタッフなど大部分の病院職員とのやりとりはほぼタイ語のみ。
タイ語に不自由な日本人にとってはやはり、ハードルが高いと言えるでしょう。


私立病院

治療費は安いけれどもほぼタイ語対応の公立病院に対し、費用が高めでも外国人が多く訪れる私立病院には英語、日本語の通訳が常駐しています。
スクンビット界隈であれば、不自由のない医療サービズを受けられるでしょう。

私立病院は日本では馴染みのない「自由診療」制を採るところが多数。
患者と医師が“個人契約”という形を採り、診察費や薬代は医師が自由に決められるため、支払額は各院の体制によって大きく異なります。


クリニック

規模は小さくても病院同等の設備を有するクリニックが増えています。私立病院に出張診療する開業医も多く、専門性が高いので「かかりつけ医」としても活用できます。バンコクには日本人医療コーディネーターや通訳が常駐するクリニックもあり、病院に比べ待ち時間が少ないというメリットも。自宅近くにあれば重宝するでしょう。


一般的な私立病院受診の流れ

① 予約

電話やE-mail、ホームページから受診希望の日時を予約する。予約なしでも受診できるが、対応できる医師がいない場合もあるので、受診する診療科・部門や在籍する医師のスケジュールを確認しておくと安心。

② 受付

初診時には受診前に個人情報の記入・登録が必須(再診時は診察券を持参する)。受診者のパスポートを持参すること。日本語の通訳や、海外療養費請求書類が必要な場合は、受付で申し出る。

③ バイタルサインの確認

身長、体重、血圧、体温、病歴、服薬状況、アレルギーの有無などを測定・問診する。

④ 医師による診察

対応する病院の場合、希望によって日本語通訳が診察に立ち会う。

⑤ 会計

診察終了後、窓口に整理券または診察券を提出する。処方された薬を受け取り、会計を済ませる。クレジットカードも使用可能。


タイで妊娠・出産・子育てをするなら

バンコク・スクンビットエリアの大手私立病院には、一般産科・婦人科・小児科・不妊治療・母乳外来といった各診療科の専門医師が在籍しており、さまざまなケースに対応できる高度な「チーム医療」を提供しています。こうした病院には周産期医療に精通した日本人や日本語通訳者が常勤しており、入院や分娩時など不安を感じやすいときでも24時間体制でサポートを受けられるのが特徴。出産前の勉強会(英語・日本語対応)なども定期的に行っており、プレママたちの心強い味方になってくれることでしょう。

一方、“設備の行き届いた大病院よりも、アットホームな雰囲気や通いやすい病院がいい”というプレママも多いはず。そういった方には、小規模なレディースクリニックが選ばれています。中には日本の病院と提携した不妊治療専門クリニックがあり、タイではまだ数少ない「低刺激体外受精」や、未来の妊娠に向けた「卵子凍結」を得意とするところも。こうしたクリニックは患者一人ひとりの心と身体に寄り添うホスピタリティを大切にしており、きっと、日本人患者が抱えがちなデリケートな悩みにも親身に対応してくれるはず。

また、タイ国日本人会主催の「すくすく会」では、“産前・産後・育児のトータルサポート”をコンセプトに、さまざまなボランティア活動を行っています。バンコクでのママ友づくりや子育ての相談・情報交換の場として、多くの方に喜ばれているようです。


タイでの妊娠・出産・子育てについて、こちらの記事もご覧ください!


健康診断

私立病院やクリニックでは、日本人向けの健康診断・健診パッケージを実施。スクリーニング検査から女性特有の病気にフォーカスした診断などオプションも取り揃え、最新医療機器を用いて診断をします。検査費は比較的安価かつホテルのような環境が用意されているため、海外から受けに来る人も多数。検査結果は通訳付きの口頭説明や日本語の文面で受け取れることもあります。


保険の活用

駐在員家庭は海外旅行保険が保障され、医療機関をキャッシュレスで利用できることが多いようですが、そのほかに日本の国民健康保険やタイの民間医療保険が利用できます。支払い能力が認められなければ治療に入らないこともあるため、万が一の事態を考慮して保険証を携帯しておくのがオススメです。


日本で加入してきた海外旅行傷害保険の使い方

サミティヴェート病院の方にお聞きしました。タイへの赴任前に加入している人も多い海外傷害保険の使い方、注意点についてご紹介します。

【タイ 病院】知らないとマズイ?! Part1 日本で加入してきた海外旅行傷害保険の使い方
動画の再生時間:2分28秒

クレジットカードに付いている保険の使い方

クレジットカードに付いている保険の使い方・注意点について伺いました。

【タイ 病院】知らないとマズイ?! Part2 クレジットカードに付いている保険の使い方
動画の再生時間:2分30秒


予防接種、タイで推奨されるワクチン

ワクチン後進国とも呼ばれる日本では、赴任前の予防接種が義務付けられない、補助が出ないという声を聞きますが、かかってからでは遅いのが病気。各医療施設が揃える予防接種パッケージなどをチェックしてみてください。在タイが5年以上になった方も、追加免疫が必要な場合があるので医師に相談を。


タイで推奨されるワクチン

A型肝炎

衛生環境が整わない場所で、糞口感染によって伝播する肝炎ウイルスです。


B型肝炎

感染力が強く、一過性と持続性に大別されます。出生時の母子感染には注意が必要。


破傷風

菌が傷口から入り込み、開口障害やけいれんなどを引き起こす致死性の高い病気です。


狂犬病

動物に咬まれることで発症し、致死率は9割を超えるといわれます。咬まれた後にも追加接種が必要です。


日本脳炎

蚊によって媒介され、重篤な急性脳炎の後、神経に後遺症が残る可能性が高い病気です。


日本語対応の病院をお探しなら!


バンコク都 – 新型コロナ新規感染者数

※( )内はタイ全体の新規感染者数

 
 

この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る