バンコク首都圏でも15日まで気温低下
強風で大気汚染緩和

気象局が、タイ北部・東北部・中部で15日まで気温が、このところの気温よりもさらに3〜5度低くなると発表。

バンコク首都圏でも1〜2度の気温低下が見込まれている。

また、バンコク都環境管理部によると張り出した高気圧の影響による強風で、PM2.5などによる汚染された大気が滞留しにくくなるため、都内の大気汚染状況が良好に保たれるとのこと。

(13日=バンコクビズ)
https://www.thairath.co.th/news/local/bangkok/2544681
 


Parrots

 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る