道路を横断中の女性が
電柱の漏電で感電死

中部パトゥムターニー県サームコーク市で11月7日午前6時半、道路を横断中の女性が交通島(車の進入を防ぐ構造物)の電柱を触れた後に突然倒れ、死亡が確認された。電柱の漏電が原因だという。

当局の調べによると女性(46歳)は筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていたとのこと。交通島まで道路を渡った際に、バランスを取るために電柱をつかんでしまい感電してしまった。現場に居合わせた人が助けようとしたが、電柱から引き離した時にはすでに死亡していたという。

(11月7日=マティション)

https://www.matichon.co.th/region/news_4270413 

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る