短期間滞在の投資家を無隔離で入国させることを検討

首相府のアヌチャー報道官は7日、タイへ入国する外国人投資家に対する対策について語った。

外国人投資家は短期間滞在の場合が多く、14日間隔離が不適切なため、隔離しない方向で検討するという。また、当初、入国後の移動先などの管理は保健省スタッフや医療関係者が行う予定だったが、管理者をビジネスパートナーとして、問題があった際には責任をとってもらう案も提案された。

また、今後、入国する外国人への対策は必ず同じ条件ではなく、ケースバイケースによって決めていくという。

(バンコクビズ)
https://www.bangkokbiznews.com/news/detail/901217



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top