冠水で、疾病管理局がレプトスピラ症を注意喚起

保健省疾病管理局は19日、このところ雨天の日が多いことからレプトスピラ症に対する注意を呼びかけている。

雨によりネズミのし尿が冠水した道路に混ざり、人がその病原体に触れることでレプトスピラ症を発症する可能性が高くなるという。感染すると風邪のような軽い症状から、ひどくなると黄疸や出血、腎障害などを伴うこともある。

今年1月1日〜9月12日の間、レプトスピラ症を発症した人は635人。そのうち4人が亡くなっている。同局では、スコールなどにより冠水した道路を歩かないなど、注意することが必要だとしている。

(マネージャー・オンライン)
https://mgronline.com/uptodate/detail/9640000092954

 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る