検疫隔離免除での入国、日本も対象国に

外務省は21日、11月1日からの検疫隔離なし受け入れ国に日本も加えると発表した。
当初、ウイルス感染低リスクの10カ国とされていたが、合計46カ国に拡大された。
なお、隔離免除での入国には政府により定められた条件が課されることになる。

 

検疫隔離免除国

日本、米国、英国、オーストラリア、オーストリア、バーレーン、ベルギー、ブータン、ブルネイ、ブルガリア、カンボジア、カナダ、チリ、中国、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ラトビア、リトアニア、マレーシア、マルタ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、カタール、サウジアラビア、シンガポール、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、香港

(21日=プラチャーチャート)

 
 
 

タイに入国するための条件(空路のみ)

2021年11月1日より実施

隔離なし サンドボックス・プログラム※備考 検疫隔離あり
対象国 <対象国のみ>
出国前、対象国に最低21日間滞在していること
<すべての国> <すべての国>
隔離 <隔離なし>
PCR検査の陰性結果が出るまでホテルに待機すること
PCR検査の陰性結果が出るまで指定されたホテルに待機すること。陰性結果が出たら、サンドボックス地域で7日間滞在後、他の地域へ移動可 10日間の検疫隔離
ワクチン接種 出国する日の14日以前に、2回以上のワクチン接種を完了していること 出国する日の14日以前に、2回以上のワクチン接種を完了していること 不要
宿泊施設の要件 SHA+認定ホテルまたは検疫隔離ホテル(AQ Hotel)を最低1泊予約していること。宿泊予約証明書(バウチャーなど)が必要 サンドボックス地域にあるSHA+認定ホテルまたは検疫隔離ホテル(AQ Hotel)を7泊予約していること。宿泊予約証明書(バウチャーなど)が必要 検疫隔離ホテル(AQ Hotel)を10泊予約していること。宿泊予約証明書(バウチャーなど)が必要
健康保険
(タイ国籍者は不要)
最低5万ドルをカバーする健康保険に加入していること 最低5万ドルをカバーする健康保険に加入していること 最低5万ドルをカバーする健康保険に加入していること
出発前のコロナ検査 出発前72時間以内に受けたPCR検査の結果が陰性であること 出発前72時間以内に受けたPCR検査の結果が陰性であること 出発前72時間以内に受けたPCR検査の結果が陰性であること
(タイ国籍者は不要)
タイでのPCR検査
(PCR検査に関する費用は観光客の負担)
タイ到着時に空港またはホテルで1回PCR検査をすること タイ到着後2回のPCR検査をすること
・1回目は到着時に空港またはホテルで
・2回目は到着後6〜7日目にホテルで
タイ到着後2回のPCR検査をすること
・1回目は到着時に空港またはホテルで
・2回目は到着後は8〜9日目にホテルで
※備考:サンドボックス・プログラムは必ずスワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港、チェンマイ国際空港、サムイ国際空港、ウタパオ国際空港、ブリーラム空港から入国することが条件(チャーター便のみ)

(タイ国外務省領事局)

 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る