フアランポーン駅が12月24日に閉業 機能をバンスー中央駅などに変更

1916年に開業したタイ最古の鉄道ターミナル駅「フアランポーン駅」が12月24日に閉業する。当初は短距離路線のターミナル駅として一部機能を残す予定だったが、閉業後は駅として使われなくなる。

北部線・東北部線・南部線の合計136便のターミナル駅はバンスー中央駅に変更され、東部線19便のターミナル駅はアソーク駅及びマッカサン駅に変更されるという。

(17日=マティション)
https://www.matichon.co.th/economy/news_3046297


Parrots

 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る