帰国したタイ人男性からオミクロン株を検出、タイで4人目

9日、保健省医療科学局のスパラック局長は、コンゴ民主共和国から帰国したタイ人男性の国際連合(UN)職員が、オミクロン変異株に感染している可能性が高いと発表した。確定した場合はタイで4人目となる。この男性はアストラゼネカ製ワクチンを2回接種している。
また、同局長は、現在タイに専用のオミクロン変異株特定検査液がないため、確実に特定するには2〜3日はかかると述べた。なお、特定検査液を2週間以内に完成させるという。

(9日=タイラット)
https://www.thairath.co.th/news/politic/2261292

 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る