今年4月からの4カ月間 呼吸器疾患患者が減少、一方デング熱は要注意

4日、ウィチャイユット病院のマヌーン医師によると、同病院ではこの4カ月間でRSウイルスの患者は一人のみ。インフルエンザとヒト・メタニューモウイルス、ロタウィルス下痢症、ノロウイルスの患者は一人もいなかった。昨年と比較すると、感染状況が非常に良くなっているとみられる。
 
その理由は、新型コロナウイルス感染拡大で国民のマスク着用が定着しているためで、呼吸器疾患の感染リスクが減っているからだという。
 
一方で、デング熱患者は7月に15人発生。現在、雨季に入ったため増加すると予想されるので注意が必要だ。
 
(サイアムラット)
https://siamrath.co.th/n/174312



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 最新テクノロジーが支える 金属熱処理のエキスパート
    最新テクノロジーが支える金属熱処理のエキスパート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top