シャツの教養を、身につけよ。

こんな時だからこそ、身の周りをじっくりと見つめ直して、知識や教養を深める時間を持ちたいもの。

普段何気なく着ているシャツ一枚とっても、そこにはさまざまな個性や表情があります。

シーンが変わればシャツも変わる。

今回は、Vゾーンの印象を変える衿型のおさらいです。

英国紳士の「ワイドスプレッド」

両衿の開き角度が75〜90度ほどで、標準的なカラーよりやや衿羽が短いのが特徴。

シーンやTPOを選ばず、スキニータイプの幅細ネクタイを合わせれば、よりモードな印象に仕上がる。

英国紳士の「ワイドスプレッド」

衿羽が大きく開き、タイ人にも人気の定番型。

英国のウィンザー公が愛用していたことから「ウィンザーカラー」とも呼ばれ、シャツに合わせるネクタイの結び方は「ウィンザーノット」がお薦め。

ドレッシーに仕上げる「タブカラー」

左右の衿先を留めるための紐(タブ)が付き、上からネクタイを通すことで襟元がより引き締まって見える。

ジャケットはもちろんベストとも相性がよく、一層こなれた大人の風格を漂わせる。

オンにも、オフにも「カッタウェイ」

衿羽が180度まで水平に開き、太さが気になる首周りがスッキリと見えるのが特徴。

幅太ネクタイやスーツを合わせてもよし、ボタンを1〜2つ開けてカジュアルな休日スタイルにも重宝する。

ネクタイなしでキマる「ボタンダウン」

両衿の先をボタンで留めるタイプで、英国のポロ競技選手が着用していたウエアに由来する。

衿立ちが良く、ネクタイなしでも型崩れしにくい上に清潔感があり、アフター5や接待シーンにも◎。

KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

Tel:02-234-1118 日本語直通 094-169-1696 Website:https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top