ラマ10世の生誕日

 

7月28日で66歳。
生誕された月曜日の色(黄色)でお祝いしよう!

 

タイでは、チャクリー王朝第10代の現タイ国王で、ワチラロンコン王とも呼ばれるラマ10世がお生まれになった7月28日を前に、さまざまな催しが準備されている。
政府発表によると、生誕を祝う記念行事は22〜28日まで行われ、当日はプラユット暫定首相が国民を代表して、祝賀メッセージを送るほか、祝賀パレードを開催するという。特に今年は、“良い行い”をキーワードに、ボランティア活動を奨励。25日には、サイアムピワット社主催のビッグ・クリーニング・デー(大掃除日)と題した清掃イベントが、同日朝からサイアムパラゴン、サイアムディスカバリー、サイアムセンター(ラマ1世通り)にて開催。参加者向けに黄色のTシャツを5000枚用意する。同社によれば、「王様が仰った『皆で良い行いをすれば、国は発展する』との言葉の通り実践しました」と開催理由を話す。また26日朝6時半には、BTSチットロム駅とサイアム駅を繋ぐスカイウオークで、67人の僧侶がタンブン(功徳を積む)活動をする。さらに誕生日当日夜には、国民がローソクを持って王様の生誕を祝うイベントも開催される予定だ。場所はサイアムワン周辺とパラゴン前で、19:19から開始する。その他、バンコクのほか、全国各所で祝賀イベントを開催予定だ。
世界的にタイの王室は、国民から尊い存在として敬愛されてきた。タイに“住まわせていただいている”という思いを込め、是非とも、在タイ日本人としてお祝いしたい。

関連記事

  1. 乳児の遺体で作ったお守りは幸運をもたらす!?

  2. バンコクは渋滞都市、世界1位の理由とは?

  3. タイの雨季は感染症が猛威をふるう。 “水”にご用心!

  4. タイで有名な心霊スポット、バンコクの“幽霊マンション”

  5. 前代未聞のデング熱が発生

  6. 有名税? 議論渦巻くネットいじめ

  7. 「SEA Games 2017」開催

  8. タイのタクシーは右ドア開けるべからず〜トンローで接触事故

  9. バリアフリー化は何処へ

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP