EECで「育て、技術者!」

企業の垣根を越えた「技術教育アカデミー」開校へ

チャチューンサオ、チョンブリー、ラヨーンの3県にまたがる「東部経済回廊(EEC)」の計画発表から早2年。高速鉄道、インフラ整備、投資促進など数々の注目を集める同計画のひとつであり、タイ発展の鍵を握る「技術教育アカデミー(Sumipol Institute of Manufacturing Technology)」の開校が、来年第2四半期に迫ってきた。

労働署・職能開発局、教育省・職業教育委員会事務局、工業省・工業振興局といった行政機関と民間企業を含めた14機関の共同事業であり、タイ政府が掲げる「タイランド4.0」を担う、専門技術者の育成を目指すという。同事業を牽引する、タイ製造業界の大手商社「Sumipol」の代表取締役社長・チラパン・ウンラパトーン氏は、「工作機械をはじめとした、製造現場に関わる製品を多数扱う弊社が培ってきた30年のノウハウを、タイ発展のために役立てたい。関係企業の方々にはぜひご活用頂きたいですし、将来的には職業学校として幅広く利用できるようにしたい」と本誌に意気込みを語った。

開校場所は、EECの中心地・ラヨーン県アマタシティ工業団地入り口。1万平米を超える敷地に、工作機械を揃えた大小さまざまなワークショップ、多種多様な測定・品質管理を実演する寸法測定機器のデモンストレーション室、視聴覚教材などを備えた300名を収容する大型セミナー室、多岐に渡る実技研修を行うトレーニングルームなど、最新技術を擁した環境を提供。自社の機械を同施設に持ち込み、実技研修を行うことも可能だという。「アカデミー内の機械や設備は弊社の供給、並びに日本を含めました世界のトップメーカー様のご協力により成り立っています。ご興味のある方は、ぜひ弊社までお問い合わせください」と、同氏は協力を仰いだ。

人材不足が囁かれるタイだが、是が非でも脱却したい“中進国の罠”に向け、求められているのは質だ。同アカデミーから輩出される高度人材が、タイに新たなイノベーションをもたらすに違いない。

関連記事

  1. タイから「屋台」が消える?

  2. タイで激震! 大物警察高官ら逮捕

  3. EEC法案審議90日延長

  4. 夏季の風物詩到来

  5. 日中、初の共同参画

  6. 再生エネで地域活性!?

  7. 爆弾テロの全容が解明?

  8. 4Gサービス戦国時代

  9. 総額2.4兆B“超大型公共事業”が復活

おすすめ記事

  1. 百五銀行
  2. 阪急阪神 不動産
  3. HOSHIZAKI (THAILAND)
  4. 商工中金
  5. KANEFUKU (THAILAND) CO.,LTD.

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP