ドイステープで深刻な森林火災

森林火災は、ひとたび燃え始めるとその被害が甚大となることが多い。3月14日そんな災害がチェンマイの「ドイステープ・プイ国立公園」発生してしまった。

チェンマイ、ドイステープの国立公園で火災
2週間燃え続けた森林が原因で大気汚染も

森林火災は、ひとたび燃え始めるとその被害が甚大となることが多い。

3月14日そんな災害がチェンマイの「ドイステープ・プイ国立公園」発生してしまった。

ドイステープといえば、ドイステープ寺院をはじめとしたチェンマイ最大規模の観光エリア。

そこを取り囲むように広がるドイステープ・プイ国立公園は、チェンマイ市内から6キロメートルほどの距離。
16万3162ライ(1ライ=1600㎡)という広大な森林で火災が起きたのだ。

国立公園内の様々な場所で火災が発生し、その数は500カ所ともいわれている。

森林火災の恐ろしさは他国の事例でもわかるとおり、鎮火までに多くの時間を必要とすることだ。

火災はドイステープ寺院のすぐ近くにまで広がったが、消防団と住人の協力で寺院には被害が及ばなかったという。

軍、警察、住民、ボランティア団体などが一丸とった消火作業は2週間にも及んだという。

中でも長時間にわたり働き続けた消防職員の功績はとても大きい。

そして、ドイステープ・プイ国立公園の森林火災は3月30日に完全に鎮火した。

今回の森林火災は、このエリアの2500ライ以上の森を焼き尽くしただけではなく、ドイステープの微小粒子状物質PM2.5濃度を、基準値が50μg/㎥であるべきところを700μg/㎥まで上昇させ、大気汚染が過去最悪レベルになったという。

捜査の結果、火災の原因は人為的なものだと判明。

現在、2人の犯人は捕まったが動機は明確ではないという。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」
    顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top