保健省がワクチンパスポートの運用と隔離期間の短縮を決定

アヌティン副首相兼保健相は8日、コロナワクチンを接種した人には病院が接種証明書を発行すると発表した。

タイ人が海外へ渡航する場合は、ワクチンパスポートを発行することも可能となる。

また、タイに入国する外国人は、14日間〜3カ月以内にワクチン接種した証明書と72日間以内にコロナウイルス陰性の結果を示す証明書がある場合、隔離期間が7日間となる。ワクチン接種の証明書はないが、コロナウイルス陰性の結果を示す証明書がある場合、隔離期間が10日間となる。ただし、変異ウイルスの感染拡大の可能性があるため、アフリカを訪問した人がタイに入国する場合は、14日間隔離の必要があるという。

隔離期間の短縮は今年4月から開始され、観光業者や医師などの70%がワクチン接種を受けた場合、10月には隔離をなくすことを目指しているという。

なお、タイ人の海外におけるワクチンパスポートの使用は、まだ国際的な会談を重ねる必要がある。さらに、運用に際した対策は今後決めていくという。

(カオソッド)
https://www.khaosod.co.th/covid-19/news_6090752



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top