タイで新型コロナウイルスのインド変異株を初めて発見

新型コロナウイルス感染症センターは10日、タイで初めてインド変異株「B.1.617.1」を発見したと発表した。

同感染症センターによると、感染者は4月24日にパキスタンから帰国した妊娠25週のタイ人女性と4歳の子ども。

5月9日にチュラーロンコーン王記念病院で検出されたウイルスが「B.1.617.1」であることが確認された。同時に帰国した6歳と8歳の子どもは陰性だったという。

インド変異株は昨年10月からインドで感染が拡大し、パキスタンの他、日本、バングラディッシュ、ネパール、アメリカ、ドイツ、シンガポール、バーレーンでも確認されている。

(バンコクビズ)
https://www.bangkokbiznews.com/news/detail/937052

バンコク都 – 新規感染者数

※( )内はタイ全体の新規感染者数



この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top