ワクチン接種の医療関係者などに副作用24%

マヒドン大学シリラート病院は11日、医師や医学部関係者らにコロナワクチンを接種したところ、接種した人の約24%に副作用があったと発表した。

ワクチン接種を受けた13596人のうち12797人がシノバック製ワクチンを接種、799人がアストラゼネカ製ワクチンを接種。

接種後30分以内に副作用を訴えた人には、注射部位が赤く腫れたり体の痺れ、頭痛、筋肉痛、発疹などの症状が現れた。

また、接種後30分以降に副作用を訴えた人には、筋肉痛や注射部位の痛み、吐き気、頭痛、体のだるさ、発熱などの症状が現れた。

なお、接種した人の多くには副作用はなく、副作用があった人も後に体調は回復し、通常の生活をしているという。

(スプリング・ニュース)
https://www.springnews.co.th/news/809186

バンコク都 – 新規感染者数

※( )内はタイ全体の新規感染者数



この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top