タイ入国プログラム「サンドボックス」に、パタヤ、シラチャーなどを追加

COVID-19問題解決センター(CCSA)は20日、検疫免除でタイに入国できる「サンドボックス」の対象エリアを拡大すると発表した。

「サンドボックス」は現在、南部プーケット県、クラビー県、パンガー県、スラートターニー県のサムイ島、パンガン島、タオ島)で実施中。


2月1日からは、下記が追加される。

パタヤ

シラチャー市

コシーチャン市

サタヒーブ市のナジョムティアン郡

バンサレー郡

トラート県のチャーン島


外国人旅行者は対象地域で7日間の滞在が必要で、入国初日と5日目または6日目にRT-PCR検査を受けなければならない。また、サンドボックス地域内の移動は可能。7日間の滞在後は、国内の他の地域への移動が可能となる。

(20日=ポストトゥデイ)
https://www.posttoday.com/social/general/673513


※「サンドボックス」プログラムの詳細(タイ国政府観光庁)

 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る