『ウイルスと戦うロボット』IT機関が共同開発

26日、ITソリューション企業である「Forms Syntron Thailand」「Cisco System Thailand」「Advanced Information Technology」と「キングモンクット工科大学フィールドロボット研究所(FIBO)」が協力し、新型コロナウイルス関連医療に使用するサービスロボット「FIBO AGAINST COVID-19(省略FACO)」を開発したと発表した。
 
同ロボットには赤外線カメラ、医師と患者をつなぐビデオ電話用モニター、外観診断用30倍ズーム力カメラ、食品・薬を運ぶトレイなどが設置される。患者に接触することなく、医師がコントロールルームから操作できるプラットフォームも用意されているという。
 
開発予算はおよそ400万バーツ。4月上旬から各病院に配置する予定だという。
 
(サイアムラット)
 
https://siamrath.co.th/n/142041



この記事をSNSでシェア!

PR
  • JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート
    JX金属グループの総合力で 原料供給から加工、副資材販売までトータルサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top