「ウイルス感染、雨季に注意」医師が注意喚起

12日、モンクットワッタナ病院のリアントーン院長のフェイスブック投稿によると、タイの雨季は急性呼吸器症候群が起きやすい時期であることから、急性呼吸器症候群に似た症状を持つ新型コロナウイルスのスクリーニングが難しくなる。
 
感染リスクが高くなるため、特に雨季に注意してほしいという。以前、保健省も同様の注意喚起をしており、水や高湿度の環境下ではウイルスが4日〜10日間生きていられるという。
 
なお、今のタイは蒸し暑い気候なので、出かける時に必ず他の人と距離をおく。これからは降雨も多くなるため、できるだけ雨に濡れないように注意すること。この数日間、新型コロナウイルスの感染者数は減っているが、まだ安心はできないという。
 
(CH7、デイリーニュース)
 

https://news.ch7.com/detail/406665
https://www.dailynews.co.th/regional/768638

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る