KOYO MACHINE INDUSTRIES CO., LTD.

光洋機械工業

工作機械・FAシステム・精密機器等の製造販売

センタレス研削盤のシェアNo.1
オーバーホールを9月からスタート

本社は大阪の八尾市。元々はベアリングやステアリングシステムなどの製造・販売を行う光洋精工株式会社(現JTEKT)の工機部門を担っていたが、1961年に独立。高精度かつ自動化という命題に取り組み、無人化も実現した先進的な高精度研削盤を開発し、特にセンタレス研削盤や対向二軸(両頭)平面研削盤では、リーディングカンパニーとして、その地位を確立している。2011年5月に、すでにタイに進出していた自動車部品事業の子会社の「KOYO JOINT」内に、顧客のニーズの高まりを受け、営業拠点として開設した。同社は自動車業界にとどまらず、各業界に展開。現在、推し進めているのが、機械のオーバーホールだ。タイで約750台導入されている機械のうち、約3分の1は15年以上使用され、経年劣化も現れ始めている。日本に送れば当然、時間もコストもかかるため、同社はタイで点検、修理を行い、メーカーの品質保証を付与しながら製造現場をサポートする。「9月からスタートしました。タイは日本と比べメンテナンスが劣る。そのためユーザーの不安は日本よりも高い。我々は、予防保全活動や現地オーバーホール対応で安心して使ってもらい、信頼により拡販をしていきたい」と説明するのは、西岡康一ゼネラルマネージャー(以下GM)。日本でのシェアNo.1のセンタレス研削盤ではあるが、工作機械の中ではマーケットは比較的小さく、競合争いは熾烈を極める。前述したオーバーホールをはじめ、サービス面をアピールしながらプレゼンスを高めていくことを掲げ、西岡GMは「提案と安心の2本柱で拡大していきたい」と締めくくった。

 

  TEL: 038-830-840~7 / 089-244-4514(KOYO JOINT・西岡)
 172/2 Moo 12, Bangwua, Bangpakong, Chachoengsao 24180
  E-mail: nishioka@koyo.co.th
※この情報は2015年9月現在の取材を元にしています

 

【特集】機械特集〜製造業の“現在”(いま)を伝える企業を一挙紹介!

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 世界で唯一無二のシステムでコスト大幅削減  産業用アルミフレームのスペシャリスト!
    世界で唯一無二のシステムでコスト大幅削減 産業用アルミフレームのスペシャリスト!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top