MITSUBISHI ELECTRIC FACTORY AUTOMATION (THAILAND) CO., LTD.

FA機器の販売、修理サービス、技術相談

三菱電機ファクトリーオートメーション タイランド

エンジニアのトレーニングをさらに強化
信頼の製品力と充実のサービスがカギ

 

1975年、モーターを生産する会社としてタイに設立した「ORIENTAL ELECTRIC INDUSTRY」が、2005年に「MITSUBISHI ELECTRIC AUTOMATION(THAILAND)」に社名変更。その後、販売とサービス強化のためにローカル販売会社「F.A.TECH」を買収し、13年4月に設立したのが現在の「MITSUBISHI ELECTRIC FACTORY AUTOMATION(THAILAND)」だ。
同社の強みは徹底したサポート体制。導入前後できめ細やかなサービスを提供する、いわゆる“技術営業”というスタンスをとり、06年にはサポートのための「FAセンター」を設立した。数十人のエンジニアが日々顧客サポートに従事し、現地スタッフ向けのトレーニングでは、スキル向上に一役買っている。バンコク他、ボーウィン支店(シラチャ)、チェンマイでのトレーニングも開始。同社製品に特化した、レベルの高いスキルを育成。ほぼ毎日行う常設スクールは、同社が誇る大きな強みであり、その信頼性の高いサービスは突出している。
今後の課題は、自動車関連だけではなく、食品や医療といった産業にも着目。そして、タイでも浸透しつつあるIoT(Internet of Things)だ。「我々が提案するe-F@ctoryは、課題を抽出することで生産性・品質の向上、製品開発へのフィードバックも可能になり、生産に関わるTCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献できる」と語るのは、川崎豊マネージングダイレクター。
製品や設備の現状を把握するビッグデータの活用も増加傾向。人件費の高騰や人口カーブの減少、単純労働からの脱却などの背景を受け、省人化は進み、FAには追い風とみている。

 

  • ①幅広いFAが強み。現在は、生産現場の「トータルコスト削減」のため、「e-F@ctory」を掲げ、ITと連携した提案を行う
  • ②バンコク他、ボーウィン支店(シラチャ)、チェンマイでのトレーニングも開始。ほぼ毎日行うトレーニングは同社の大きな強み
  • ③「インダストリー4.0、IoTといった流れにも注目しています。ダウンタイム及びコスト削減、省エネに貢献していきたいですね」と語る川崎MD
  • ④「販売サービス会社のため、人材が資本」と川崎MDが語るように、タイ人スタッフを軸とし、経験豊かな日本人スタッフがサポートにあたる

 

  TEL: 02-682-6522~31 / 084-389-1232(手嶋)
  12th Fl., SV City Bldg., Office Tower 1, 896/19-20 Rama 3 Rd., Bangpongpang, Yannawa, Bangkok 10120
  E-mail: Teshima@mitsubishifa.co.th
※この情報は2017年2月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • ドライバー派遣サービスで急成長中 迅速・丁寧なアフターケアで顧客満足度◎
    ドライバー派遣サービスで急成長中 迅速・丁寧なアフターケアで顧客満足度◎

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top