ランドブリッジ構想継続へ
2030年に完成予定

南部アンダマン海海岸(ラノーン県)とタイランド湾海岸(チュムポーン県)のランドブリッジ建設構想の継続が、10月16日に閣議承認された。深海港建設およびインフラへの投資は、官民連携(PPP)で総額1兆Bの見込み。

この構想にはラノーン県クルド市とチュムポーン県ランスアン市に貿易深海港を建設する他、両港を結ぶ90kmの6車線高速道路モーターウェイ、山岳地帯貫通トンネル3本(総距離21km)、メーターゲージ鉄道路線2線などのインフラも含まれている。

現段階の予定では今年11月〜2024年1月に各国海外資本へのヒアリングを行うロードショーを実施し、2025年4月〜6月に民間企業によるプロジェクトの入札を開始。同年9月に建設を開始して、2030年9月の完成を目指している。

(10月17日=マネージャーオンライン)

https://mgronline.com/business/detail/9660000093672

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る