タイ国際航空、プーケットと6カ国間の チャーター便を運行予定

タイ国際航空のチャーンシン社長代理によると、政府が外国人観光客の入国を認めた場合、 既にフライトの準備が整っていると伝えた。
 
運航するのは国際線直行チャーター便で、デンマーク、ドイツ、イギリス、韓国、日本、香港の6ヶ国からプーケットへ向け、1カ月2便を運航予定。11月下旬をめどに開始できると予想している。
 
また、利用客が多ければフライトを増やす 。他に、中国からの直行便も運航予定だという。
 
なお、すべてのフライトは乗客とキャビンアテンダントの安全性を考慮し、物理的な距離(Physical Distancing)の対策も行う。

 
(ポスト・トゥデイ)
https://www.posttoday.com/economy/news/631606

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る