首相が2021年11月1日から検疫隔離なしでの入国を認めると表明
12月1日までに飲食店店内でのアルコール飲料提供も再開

プラユット首相は11日の記者会見で、11月1日から検疫隔離なしで外国人観光客を受け入れると表明した。

空路で入国するワクチン接種済みの外国人観光客はタイ到着時に自国出発時に受けたPCR検査の陰性証明を提示し、タイ到着時に検査を受ければ、タイ国内を自由に移動できる。

11月1日からは、イギリス、シンガポール、ドイツ、中国、アメリカなど感染リスクが少ない約10カ国からの観光客を対象に受け入れを開始し、12月1日までに対象国を増やす。
(現時点で、日本が対象となるか否かは未発表)

さらに2022年1月1日までに対象国を拡大するという。

また、12月1日までに飲食店店内でのアルコール飲料提供、バーやクラブなど娯楽施設の再開に向けた検討を行うとしている。

(11日=カオソッド)
https://www.khaosod.co.th/breaking-news/news_6671522

 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る