ビザなし滞在45日へ延長を提案
タイ国政府観光庁(TAT)

タイ国政府観光庁(TAT)は、ビザなし入国による滞在許可を従来の30日から45日に延長する案を、新型コロナウィルス状況管理センター(CCSA)へ17日に提案する。


また、タイランドパスの廃止も提案されるが、廃止後タイへ入国する外国人観光客は、ワクチン接種証明書 (Vaccination Certificate) またはワクチンパスポート(Vaccine Passport)と、医療保険への加入を証明できる書類を提出することになる予定。詳細は17日のCCSAの会議後に発表されるという。

(11日=バンコクビズ)
https://www.bangkokbiznews.com/business/1009376
 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る