アユタヤの遺跡が水没
一部の寺院や遺跡は一般公開中止に

現在の様子ではありません

アユタヤ県内にある 70以上の寺院や遺跡が水没している。

現在のところ、遺跡群の土台はしっかりしていることが確認されているが、洪水が長引くようであれば壊滅の危険性があると、Thai PBSなどのメディアが伝えている。

毎年のように繰り返される洪水により土台や建造物の水による侵食などが懸念され、関係機関には水が引いた後に 被害状況を確認し修理することが求められている。

なお、現在、 ワット・チャイワッタナーラーム は、一般公開が中止されている。

(13日=タイPBS)
https://www.thaipbs.or.th/news
 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る