10日からの酒類販売禁止で多くの人が買い溜めへ

9日、バンコクのポンサコーン報道官から4月10〜20日の間、バンコク都内においてアルコール飲料の販売禁止が発表されると、多くの人が買い溜めに走ったという。
 
レポーターによると、発表が出た後1時間も経過しない時点で、オンラインショップがLINE配信を行い、注文後ただちの配送や、配送料無料などのプローモーションを展開する店舗もあった。
 
9日夕方、あるデパートでは、新型コロナウイルス感染防止対策に従いソーシャル・ディスタンシグを守らなければならないところ、多くの客が酒類を買い溜めしていたという。
 
タイ酒類事業協会(TABBA)のタナーコーン会長によると、新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出を自粛すべきだが、アルコール飲料販売禁止が発表されたため、多くの人が酒類を買うために他県などへ出かけてしまう。他県へ出かけたことで感染し、地元に戻ってくることになるとさらに大きな問題になるという。
 
(プラチャーチャート)
 
https://www.prachachat.net/breaking-news/news-446918

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る