非常事態宣言の発令で 3月の酒類売上50%減

シンハービールとレオビールの販売会社「ブンロード・ブリュワリーグループ」によると、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の影響で、3月のビール販売売上は昨年比で50%減。アルコール飲料を販売するクラブやバーなどが営業休止となったほか、コンビニの営業時間が短縮された影響もあるという。
 
また、ハイネケンの製造販売会社「タイ・アジア・パシフィック・ブルワリー 」によると、世界中の多くの企業が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている。
 
特にアルコール飲料業界は、タイでの飲食店営業休止の発令後、すぐに影響が出始めた。さらに、3月末から多くの県がアルコール飲料の販売禁止となり、最も消費量が多かったバンコクも販売禁止となり、さらに売り上げが減る見込みだという。
 
(カオソッド)

 

https://www.khaosod.co.th/special-stories/news_3935859

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る