アジアティーク 10月15日に営業再開

バンコクのリバーサイドにある観光名所「アジアティーク・ザ・リバー・フロント(ASIATIQUE THE RIVERFRONT)」は19日、新型コロナウイルス感染拡大後、新しいコンセプトと共に10月15日に営業再開すると公式発表した。

アジアティークは8年前に開業。ラマ5世時代の東洋と西洋の文化を融合させた演出コンセプトで場内を設計・運営。アセットワールド株式会社の最高経営責任者兼社長によると、今回の営業再開時には、新たに3本マストの帆船を模した「シリマハン・ノップ」を設置。その中にはレストランやバーが入っているという。また、インタラクティブな技術を採用した博物館を開業させ、アートフェスティバルも開催。さらに、人気グルメ番組「クルア・クン・トイ」との協力で、新しいフードエリアも開業する。

なお、同社では週末には1日・約3万人のタイ人来場者を見込んでいる。

(マティション)
https://www.matichon.co.th/publicize/news_2358224



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top