ソンクラン連休の交通事故は2,365件

災害防止軽減局(DDPM)は17日、ソンクラン連休の4月10日〜16日の間の交通事故データを発表した。

全国で起きた事故は2,365件で、亡くなった人は277人、負傷者は2,357人。

事故の原因は、スピードの出し過ぎが35.18%、飲酒運転が22.13%を占めた。

最も事故が多かったのはオートバイで83.17%を占めた。

また、最も事故が多かった県は南部ナコーンシータマラート県、最も亡くなった人が多かった県は東北部ウボンラーチャターニー県、最も負傷者が多かった県は南部ナコーンシータマラート県。

(マティション)
https://www.matichon.co.th/politics/news_2676579



この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top