ホームレスに宿泊所 ウイルス感染拡大防止策

社会開発・人間安全保障省は5日、バンコク都ルムピニー公園内で宿泊するホームレスの人達に向け、政府が開催する「ラオマイティンガン(一人にしない)」プロジェクト一環として、用意した臨時宿泊所に住むよう呼び掛けている。
 
スリン出身のホームレス、ソムサック氏によると、ルムピニー公園は多くのバスが通っているため移動が便利なので、ここに留まりたいという。同省のジュティ大臣によると、政府の宿泊所は無料で1日3食の食事を提供。現在、100人のホームレスの人が宿泊している。新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、法律的に命令を下すかは検討するという。
 
(タイPBS)

 
https://news.thaipbs.or.th/content/290712

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る